IKEAカタログアプリでARを使った3Dシミュレーションをやってみた

IKEAの新しい2014年版カタログアプリで、
AR(拡張現実)を使った家具の3Dレイアウトシミュレーション
できるということで、面白そうなので試してみました (´3`)

⇒ IKEAカタログ(iOS版)
icon

⇒ IKEAカタログ(Android版)

AR(拡張現実)を使った家具の3Dレイアウトシミュレーションを
実行するにはまずアプリのトップページで最新版カタログを
ダウンロード
する必要があります。

出版物をさがす(+)
出版物をさがす

国の選択・言語の選択(日本・日本語)
国の選択・言語の選択

カタログ表紙
カタログ表紙

この作業は次回アプリ起動時にも
繰り返さないといけないようです

続いて、「3D」アイコンが表示されるページまで移動。
3Dアイコンをタッチ

3Dアイコンをタッチして、チュートリアル開始。
チュートリアルに進む

次回以降、チュートリアルをスキップできますが、
とりあえず「チュートリアル開始」から始める必要があるようです

そしていよいよ、商品の選択。
アイテムを選ぶ

スクロールさせて右側を表示すると、
「もっと読み込む」でさらに商品の選択肢を増やせます。
もっと読み込む

デスクもあり。
デスク

ダイニングチェアやオフィスチェアもあり。
ダイニングチェア

チェストもあり。
チェスト

ベッドもあり。
ベッド

壁面収納家具やテレビボードもあります。
壁面収納家具

その数、全部で81アイテム(本日現在)。
IKEAに並んでいる全てのアイテムを
シミュレーションできるわけではありません。
(むしろ、ごくごく一部

さあ、実際に配置してみましょう!

家具を設置したい場所に紙のカタログを置き
それをマーカーとしてARで表示させるんですが、
あいにく紙のカタログが手元になかったので、
7インチタブレットにカタログの表紙を表示させて
床に置いてマーカーにしてみたら、イケました(笑)

ソファーを配置

あれ?でもなんか小さいぞ・・・?

ほかのアイテムでやってみる。
ソファーを配置

やっぱり、小さい・・・

7インチタブレットの表示サイズでは小さいのかと考え、
パソコンにデジタル版のIKEAカタログの表紙を表示させ、
そのスクリーンショットを印刷して置いてみた。

再びソファーを配置

おっ。今度はイケそうだ(爆)

2点タッチしながら回転、
1点タッチで移動が可能。

向きを変え、位置を修正

なんかそれっぽくなった ヽ(・∀・*)ノ

今度はテレビボードで。
テレビボードを配置

続いて、パーソナルチェア。
パーソナルチェアを配置

あれれ?またすごく小さいぞ?

引き続き、ベッド。
ベッドを配置

小さすぎだってば!

最後に、書棚。
書棚を配置

ひく~い!(苦笑)

結果、床に置いたカタログ表紙の大きさはあまり関係なかった様子。
一言で言えば、動作が不安定ということなんでしょう。

ま、動作が安定していれば、アイテム数が限られているとは言え、
シミュレーションを楽しむことはできるんじゃないでしょうか?

今回の2014年IKEAカタログアプリは、ほかにも、
コーディネート例がパノラマビューで見れたり、
ソファーのカヴァーリング・バリエーションが楽しめたり、
デザイ
ナーの動画が見れたり、

面白い仕掛けがいっぱいあります。

今まで以上に楽しめるカタログになっていますし、
家の中を楽しむきっかけになりそうですね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク