いま、ロイヤルホームセンターのメラミン化粧板がアツイ!(●ω●;)

先日も洗面脱衣所の棚を作るのに使いました、カラーボード

(DIYボード、カラー合板、化粧棚板などとも言います)

収納マンはお客様宅でも自宅でも、簡単な棚などを作るのにかなりよく使います。

今までに数百枚は使ったんじゃないかと思います。

カラーボード
※写真はナフコで購入したカラーボード

ホームセンターの系列によって取り扱っている種類が異なり、カラーは、ホワイト、ナチュラル、ブラウン、ブラックなど、芯材は、ファルカタ、パーティクルボード、MDFなど、厚みは、12mm、16mm、18mm、20mmなどがあり、私は用途に応じてお店を使い分けるようにしています。

もちろん価格も異なりますし、カット代金も無料から30円程度まで、寸法も1cm単位のところもあれば、1mm単位で応じてくれるところもあります。

こういうサービス面も含めてあちこちお店を選ぶのです。

そして面白いことに、取り扱っている商品が数年おきに変わります。

関西以外では馴染みがない方が多いと思いますが、ロイヤルホームセンターというダイワハウス系のお店の場合、10年くらい前はエンボス調のアイボリーのプリント紙で、ファルカタ芯材のカラーボードを扱っていたのですが、数年前からアイリスオーヤマ製のカラーボード に変わりました。

ロイヤルホームセンターのカラーボードがアイリスオーヤマ製に置き換えられるようになった当時、他のいくつかの系列のホームセンターでもアイリス製になって、まさにアイリスオーヤマの天下という感じでしたね(笑)

それはともかく、それがまた最近、変わったのです。

普通、カラーボードというと、表面材はプリント化粧紙が当たり前

それなのに今度は、メラミン化粧板になったのです! (●ω●;)

ロイヤルホームセンターのメラミン化粧版

「それがどやねん!?」と思うことなかれ!

これはもう、DIY好き人間であれば100%、青天の霹靂の「事件」なのです!

一般的なカラーボードで使われている表面材のプリント化粧紙は、木目などを印刷した「紙」なのですね。

だから簡単にキズがつきますし、汚れもします。

その一つ上のランクの表面材は一般的にポリ合板です。

食器棚の棚板などにはポリ合板がよく使われます。

それなりにキズがつきにくく、まあ汚れにも弱くない。

その上のランクが一般的にメラミン化粧板なんです。

メラミンって、お子ちゃま用の食器に使われたりする材質ですね。

それを薄くシート状にしたのがメラミン化粧板で、家具ではテーブルの天板などに使われます。

キズ、熱、薬品、それぞれにめっぽう強いのです。

(もちろん同じメラミンでも質も値段もピンキリです)

そんな最強の表面材のカラーボードを今回、ロイヤルホームセンターは導入したわけです!

これはもう、本当に衝撃的!!

単純にメラミン化粧板にパワーアップしたんじゃなくて、ポリ合板飛ばしての二階級特進ですよ!(笑)

しかもですよ、これがまためっちゃ安い!

(本来、メラミン化粧板はめっちゃ高いのです)

一般的な表面材がプリント化粧紙のカラーボードは900×300×18mm程度のサイズでだいたい1,000円前後。

そしてロイヤルホームセンターのメラミン化粧板カラーボードは同サイズで、なんと、1,250円(税別)なのです!

めっちゃ安い!

以前にアイリスオーヤマがメラミン化粧板のカラーボードを発売したことがあったんですが、プリント化粧紙のものに比べて、だいたい2倍くらいの価格差があったんですよ。

それが、ロイヤルホームセンターのメラミン化粧板カラーボードは、ほとんど変わらないか、せいぜい1割ほど高いだけ。

これはめちゃぐちゃ安いわけです!!

現在のところ、カラーバリエーションはホワイトとナチュラルのみで、長辺は900mmと1800mmの2タイプだけと少ないのですが、これは今後、積極的に使わせていただきたいなと思っております (*^m^*)

ちなみに、商品ラベルにはどこにもロイヤルホームセンターの文字は入っておらず、製造元も販売元も記載されていないので、ひょっとするとお近くのホームセンターでも取り扱っているかもしれません。

今後、いろんなお店で取り扱ってくれると嬉しいですね~ (´▽`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク