賃貸住宅の石膏ボード壁に壁掛扇風機を取り付けて二段ベッドの上段も涼しく!~(´∀ `~)

梅雨入りしてから、蒸し暑い日が続きますね~ ヾ(;´▽`A“
先日、我が家に二段ベッドを設置して以来、少し困ったことがあります。
二段ベッドの設置が完了
それは、人一倍汗をかく長男の存在
二段ベッドの上に寝るとなると、もちろん彼は汗だくです汗
我が家ではエアコンはあまり使わないので、
二段ベッドの上に扇風機を持ち込んで涼むようにしましたが、
扇風機を持ち上げたり降ろしたりするのは面倒ですし、
足元に扇風機を置いているとハシゴの上り下りの際に危険です。
そんなわけで、壁掛扇風機の設置を検討し始めました。

一般的に、壁掛扇風機は壁に木ネジで固定するものです。
賃貸住宅の石膏ボード壁に対応したものなど聞いたことがありません。
そこで、以前に温水洗浄便座のリモコンを取り付けた要領で、
壁掛扇風機の取り付けにチャレンジしてみました。
石膏ボード用のフックを購入。
石膏ボード用フック
こちらはナフコのPB商品ですが、
モノは不二貿易のプロパー品 とほぼ同じだと思います。
耐荷重7kg。ちなみに扇風機本体は約2.8kg。
壁に取付金具を、木ネジの代わりに石膏ボード用フックの鋲で固定。
取付金具を石膏ボード用フックの鋲で固定
特に問題なさそうです。
(もちろん購入前に取扱説明書を見て大丈夫そうであることは確認済み)
そこに扇風機本体を取り付けて、完成!
壁掛扇風機本体を取り付けて完成
まったく何の問題もありませんでした (・∀<)
この方法を使えば、賃貸住宅に限らず、
最近は多くの住宅が石膏ボード壁なので、
同じ方法で取り付けが可能ですね。
(もちろん金具の形状等にもよりますが)
また、木ネジで固定するとなると壁に3mmほどの穴が開きますので、
簡単に移動するというわけにはちょっといきませんが、
石膏ボード壁用の鋲を使えば開ける穴は小さくて済むので、
リスク回避の手段としても有効であると言えそうです。
そもそも、木ネジで固定する場合は、
壁に下地のある場所にしか取り付けできないですが、
この方法だったら本当にどこでも取り付け可能です!


2014/08/10追記
約1ヶ月後、この方法で取り付けた扇風機が落下しました。
静耐荷重では問題なくても扇風機の振動により、
想像以上に荷重が掛かってしまった可能性があります。
位置をずらして付け直し、しばらく様子を見るつもりですが、
この方法は少なからず安全上の問題があるようです。


ちなみにリモコンホルダーは構造上、木ネジでしか固定できないので、
二段ベッドに直接、木ネジで固定することにしました。
リモコンホルダーは二段ベッドに取付け
これできっと、息子も快適な睡眠が得られることでしょう (*^m^*)
ついでに・・・夜遅くに私が寝室に入ると暗くて何も見えないので、
足元のコンセントにLEDセンサーライト を取り付けました。
LEDセンサー付ライト(昼間・消灯時) → LEDセンサー付ライト(夜間・点灯時)
ハシゴの陰になるのでうまく作動するかちょっと心配でしたが、
思ったよりもセンサーのはたらく範囲が広いようで、
部屋の出入りやハシゴの上り下りの際に作動してくれます。
収納とは直接関係ないことですが、
こういったちょっとしたことで家の中が安全になったり、
快適になったりするのは、やっぱりうれしいなぁ~ (*´艸`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク