ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方

引出の奥に何か落ちてしまったり、掃除をするときに引出を外せたらと思ったことはありませんか?
家具のプロでもある収納マンにかかれば、外せない引出はほぼ皆無

ちなみに今までに外せなかった引出は、システムキッチンのビルトインの食洗機とハメ殺しになっている輸入家具の引出くらい。

日本のメーカーが企画または生産した家具の引出なら基本的に外せないものはないと思いますので、引出を外せなくて困ったときは、是非、以下を参考にしてみてください

引出ストッパーがある場合(a)

上に引出ストッパー(1)

まずは引出の上部にストッパーが付いている場合

(システムキッチンの引出の例)

この場合は引出自体に樹脂製のストッパーが付いてますので、これを指で軽く押し下げれば引出は外れます。

ストッパー部分
↑引出ストッパー

引出ストッパーがある場合(b)

上に引出ストッパー(2)

次は、同じく引出の上側にストッパーが付いている場合でも、本体側にストッパーが付いている場合

(浜本工芸の学習机の本体天板下引出の例)

この場合は逆に樹脂製ストッパーを上に持ち上げれば、引出を外すことができます。

本体に残った引出上ストッパー
↑引出を抜いた状態のストッパー部分

引出ストッパーがある場合(c)

ダボ式ストッパー

今度は樹脂製ではなく木ダボのストッパーの場合

(無印良品のチェストの例)

このチェストに関しては引出を引き出して、手前を上に傾ければ外すことができるのですが、商品によっては木ダボ自体を外さないといけないこともあります

また木ダボを使う場合は接着されていることが多く、引出を傾ければ外せることが多いのですが、金属製や樹脂製のダボを使っている場合は、ねじ込み式になっていて、回せば外れるというのが一般的です。

引出ストッパーがある場合(d)

引出下側のストッパー

引き続き、引出の下側にストッパーがある場合

(浜本工芸の学習机の袖ワゴンの上引出の例)

引出の下側にストッパーが付いている場合はやや面倒です

システムキッチンの場合は、下の扉を開ければ、この引出下側のストッパーに触れるのが一般的ですが、この袖ワゴンの引出の場合などは、下から順に引出を抜いていかなくてはなりません

ストッパーに触れる状態になれば、あとはこれを引き下げるだけ

引出を抜いた状態
↑引出を抜いた状態

一般的な金属レールの場合

一般的な金属レール

フルスライド式ではない金属レールの場合は簡単です。

(TVボードの引出の例)

引出を引き、軽く持ち上げれば外せます。

引出を抜いた状態

その他、引出の内側にネジが見えているタイプの場合は、そのネジを外してやると引出を抜くことができます。

フルスライドレールの場合(a)

フルスライドレールのストッパー(2)

フルスライドレールの場合は一般的には簡単です。

(TVボードの引出の例)

写真中央部に黒い樹脂パーツが見えるでしょ?これを上に上げるか、下に下げるかすれば良いのです。

上げるか下げるかしながら、引出をグッと引き抜いてください。

つまみを上または下に動かす

一般的に、左側を上げる場合は、右側は下げることになります。

左右ともに同じレールを使っているためで、そのため左右で上下の向きが逆転するのですね。

引出を抜いた状態
↑引出を抜いた状態

フルスライドレールの場合(b)

フルスライドレールのストッパー(3)

こちらも同じような形状です。

(食器棚の引出の例)

この場合も写真中央の黒い樹脂パーツのつまみを上に上げるか下に下げるかすればOKです。

ただ、先ほどのフルスライドレールと違ってレールのあちこちに穴が開いてますよね?

こういう場合はだいたいちょっと面倒で、穴からネジが見える状態に位置を調整して、ネジを外さないと引出が抜けない、ということがあります。食器棚のようにかなりの重量物を収める引出に多いパターンです。

フルスライドレールの場合(c)

フルスライド引出ストッパー(1)

今度はやや特殊なフルスライドレールの場合

(浜本工芸の学習机の袖ワゴン最下段の引出=グラス社製フルスライドレールの例)

袖ワゴンの引出以外に使われているのを見たことがないのですが、ちょっと珍しいですけど、外すのは簡単です。

写真中央の黒い樹脂パーツの中央を軽く指で持ち上げると、このパーツを外すことができます。

黒い樹脂パーツの中央を軽く持ち上げて外す

あとは引出を引き出し、軽く持ち上げれば外れます。

取り外した状態

戻すときは樹脂パーツの向きにご注意ください

樹脂パーツの向きに注意
↑左側が引出の奥側です

樹脂製の引出の場合

レターケースや引出式衣装ケースの場合は、だいたい、引出を両側から押さえながら引き出すと外せます。

たぶんこれはほとんど問題ないと思いますが。

以上、もしこれらの例に当てはまらない引出があれば、いつでも収納マンに質問してください!

ヨーロッパ製でない限り、たぶん、外せるはずです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たみころ より:

    ありがたく読ませていただきました。

    うちの引き出しはどれにも当てはまらないよーな…
    引き出しを開けると、引き出し中の上(天井)部分にプラがネジで固定されてます

    • 収納マン より:

      たみころさま

      はじめまして^^

      引き出し中の上(天井)部分にプラがネジで固定…ということは、冒頭の「引出ストッパーがある場合(b)」のパターンではないのでしょうか?
      プラの部分が押し上げられない場合は、手のひらに収まるサイズの小さなドライバーを使ってネジを外す形になっているかもしれません。

      • たみころ より:

        ナルホドありがとうごさまいます。
        ただ引き出しについているのではなく、テーブル天板の裏側に直接ついてる感じです。
        引き出しの、たてが6センチくらいなのでドライバーのサキッポだけ使ってどーにかやってみます。

        • 収納マン より:

          たみころさま

          短いドライバーで外せるなら良かったですね^^

          軟らかい材質ならトルクが必要ないのでドライバーのサキッポ(=ビット)だけでも外せると思います。
          それで回りそうにない場合は(硬い材質なら)、握り部分が太くて短いドライバーやT字型のものをお使いください。