IKEA(イケア)シェルフユニット"IVAR(イーヴァル)"買ってみた

子供たちの学習机を購入・設置するにあたり、
教材などを収める棚を用意することにしました。
当初、学習机と同じメーカーの浜本工芸・No.8504書棚A(60)
にしようかと思っていたのですが、
教科書・ノートだけでなく、当面はオモチャも、
そして今後は美術や書道、楽器なども置く必要があるため、
書棚よりはオープンラックのほうが良いかと思い、
色々と検討を始めました。
最初に検討したのはルミナスラック
置く場所の冷蔵庫を挟んだ並びに、キッチンで使っているので。
しかしそれほど重量物を置くわけでもないし、
スチールワイヤーシェルフだと教科書や小物を置くのには適さないし、
なにより、見た目にゴツゴツし過ぎて武骨過ぎる・・・。
次に検討し始めたのが先日行ったIKEA(イケア)で見た
“IVAR(イーヴァル)”という商品名のパイン材のラック。
個人的にはIKEAの商品ってやっぱりちょっと不安があるんですが、
割りと見た目にスッキリしているし、値段も手頃だし、良いかなぁと。
ホームセンターでパイン材のレッグポスト を買ってきて
DIYするよりは見た目が良いし、手間がないし。
奥行30cmの”IVAR(イーヴァル)”に対して
アイリスオーヤマのウッディラック のほうが奥行35cmで
教科書類やその他の教材などを置くにも都合が良さそうだし、
塗装もされているし、今までにも何度か使ったことがあるし、
何かと無難かなぁとも思ったのですが・・・。
ついでに同じくデザインのスッキリしたところで
無印良品のユニットシェルフも一応検討しましたが、
まあ結局、今回はちょっと冒険してみようと思いまして
IKEAの”IVAR(イーヴァル)”に決定しました。
というわけで某日、朝からIKEA鶴浜店へ。
小一時間ほどぶらぶらと順路通りに進んでセルフサービスエリアへ進むと、
なんということでしょう!
・・・・棚板の在庫がない。。。
昨日の午前中に在庫をwebでチェックしたら94枚あったはずなのに・・・。
定番ではあるもののそれほど売れ筋ではないらしい商品なのに
たった1日でセット数にして10セットほども販売するとは。
組立家具とは言え、普通の大きい家具屋さんでも
1日に10セット売れたらヒット商品ですよ・・・!
iPhone片手に、150円のホットドックとコーラ(飲み放題)を
口に運びながら、しばし考える。
しばらく躊躇したが、決心。
約1時間後、IKEA神戸ポートアイランド店に到着。
すかさずセルフサービスエリアへ。
ikeaセルフサービスエリア
そしてここでも驚いたことが!
なんと。通常1枚1,000円の棚板が599円に!
ikea_ivar棚板
おかげで高速代+ガソリン代が回収できました~
事前にネットで色々と調査したところによると
やはり不良品が混じっていることがあるそうなので入念にチェック。
そうすると、IKEA云々の問題ではなく安いパイン材の商品にありがちなのだが、
やはり木の扱い方を知らない人が作っているシロモノだけあって、
加工の変なところや、木目のおかしなところが多い。
ikea_ivarサイドフレーム
写真はサイドフレームの側面ですが、ここは”IVAR(イーヴァル)”の
一番見た目を左右する重要なポイント。
出来るだけフシがないところを選びたいし、
白太(シロタ=木地の白い部分)と赤太(アカタ=同じく赤っぽい部分)が
混じってしまうと見た目が非常に悪くなるので、
やはり白太だけを選び抜く。
棚板のほうはさすがにサイドにスチールの枠が入っているので
反っているという問題はないものの、
(注:2011年6月現在、金属製の部品が樹脂製となり、若干反ってます)
通常国産メーカーなら絶対に使わないクサレ(腐れ)が結構多いし、
ワレ(割れ)やカケ(欠け)がたまにあるようなので、
木目と合わせて出来るだけ程度の良いものを選ぶ。
そうして30分ほどでポートアイランド店を後にし、
スタコラサッサと家路に急ぐ収納マンでした。
次回、「IKEA(イケア)”IVAR(イーヴァル)”
組み立ててみた感想」
につづく・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク