学習机メーカー別!産地一覧

今まで学習机の産地は、国産かそれ以外かくらいしか把握してこなかったので、
改めてより正確に調査してみました(カタログには書いてないですからね)。
すると面白いことに、概ね以下の通り、
産地によって引出内部材が異なることが分かりました。
産地による引出内部材の違い
タイ製の引出内部材はキレイなファルカタ(洋桐)で、
表面はつるんとしていて、角がキッチリ立っています。
マレーシア製は十分にキレイなファルカタで、
表面はタイ製に比べるとマイルドな感じです。
中国製はナラやアルダーなど天然木を使用した学習机に多く、
割りとキレイなものもありますが、薄汚くザラザラしたファルカタが多いです。
ベトナム製は表面を白く塗装したファルカタです。
おそらくは中国産以下の程度のファルカタなのでしょう。
インドネシア製の引出内部材はパーティクルボードに
樹脂フィルムを貼ったものです。
つまり、一般論で言うと、左から順に程度が良いと言えます。
(高)タイ→マレーシア→中国→ベトナム→インドネシア(低)
※ただし中国産は国産並みのものもありピンキリとも言える
毎年、学習机を調査するときは様々な要素を確認しているため、
今回は初めて産地という視点で調べてみたのですが、
数店舗を数日掛けて調査してみると、
外観を見ただけでどこで作られたものか分かるようになりました(笑)
引出内部材を見ればほぼ100%産地が分かりますね。
まさに学習机ソムリエです(爆)
というわけで、以下にメーカー別の産地を一覧にしました。
シリーズによって異なる場合があるので、
確認済みのものについてはそれも併記しています。

コイズミファニテック

中国=プレオ、ビーノ、レイクウッド、オルレア、WD、コットコンポ
インドネシア=CD、デコプリ、エルノアール、ビルトコンポ、ODM
マレーシア

イトーキ

中国=トレフ、リーモ、カモミール、ポルク、スタイリッシュバーチ、エルコディ

ベトナム=ジュエルキュート、ジョイカラーデスク
日本=ライティングデスク

くろがね工作所

中国=リベプル、Rシリーズ、Kシリーズ、Dシリーズ
ベトナム=Fシリーズ、ハローキティ

オカムラ(岡村製作所)

ベトナム?

カリモク家具

日本(愛知県、岐阜県)

浜本工芸

日本(広島市)

飛騨産業

日本(岐阜県高山市)

杉工場

日本(福岡県うきは市)

堀田木工所

日本(東広島市)

小島工芸

日本(茨城県)

マルニ木工

中国

ヒカリサンデスク(光製作所)

中国

大塚家具製造販売

中国
ベトナム

ニトリ

マレーシア=くみあわせですくデラックス
中国=メルシー15、TS15、CD-NT(くろがね)
タイ=オグデン、メルシー、ジョイ
ベトナム=NZ(イトーキ)、ODF(コイズミ)
インドネシア=ODM(コイズミ)

アクタス

中国
日本(杉工場、堀田木工所)

ケユカ

中国(コイズミファニテック)
※イトーキの産地について一部誤りがありましたので訂正しました。ライティングデスクが国産であったことは驚きです(2015/01/05)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク