デスクの下にカーペットではなくてチェアマットという選択肢もあり

先日、某ホームセンター&家具店へ行きまして、
久しぶりに学習机の売場を見ましたら、
オリジナル商品のうち数モデルが1万円引きになってました。
一般的にオリジナル商品というのは、
販売店が粗利を確保するために採用されるのであって、
プロパー品に比べると少々割高感がありますから、
在庫が捌けていないものから順に安くしているのでしょう。
それでも捌けない場合は、最悪の場合、
翌シーズンに中堅の家具店に流れることもしばしばあるのですが、
そういうデスクはやっぱり売れなくても当然と思えるところもあるし、
値段は正直だなぁと変に感心してしまうところであります (´ヘ`;)
さて、先日はデスクカーペットの話をしたのですが、
ひとつご紹介すべき商品を忘れておりました。

チェアマットと一般的に呼ばれる商品で、
多くはポリカーボネートでできています。
言うまでもなく、半透明ですと、
デスクカーペットと違ってインテリア性を損ないません
また、毛足がないのでメンテナンスも容易です。
ただしデメリットは価格が高いことです。
畳2/3畳程度で1万円程度からとなっています。
ポリカーボネート製ですから、やっぱり高いですよねぇ。
PVC製だと2,000円くらいからあるんですが、
PVCはフローリングに貼り付いて
フローリングを痛めてしまう可能性があります。
これはちょうど、無垢のテーブルにPVCのテーブルクロスを掛けるか、
1万円以上する酸素透過性のテーブルマットを敷くか、というのと同じで、
実際のところ、PVCでも特に問題が生じないこともあるし、
コストを取るか、リスクを避けるか、というところです。
以上、私も判断しかねるところではありますが、
一つの選択肢としてご紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク