スチールワイヤーシェルフの互換性(1)勢力図(シェア)

スチールワイヤーシェルフの互換性についてのまとめ。
※なおスチールワイヤーシェルフについては
 徹底比較☆スチールワイヤーシェルフを参照のこと。
※とりあえずこのブログに書き出した上で
 そのうちサイトのほうにもページを作成したいと思います。
スチールワイヤーシェルフのメーカー品と言えば、


の3ブランド(3社)が御三家で、
それ以外はホームセンターのPB(プライベートブランド)品だったり、
どこかしらの商社から入ってきたバッタモノみたいなもので、
基本的にそれらの間の互換性は不明瞭だったのですが、
徹底比較☆スチールワイヤーシェルフの記事作成当時(2004年)から
8年も経った現在、ちょっと事情が変わってきたので、
そのへんのところについて整理してみたいと思います
まず、ホームエレクターは当時と変わらずあくまで独立独歩で
ブランドを維持しつつマイペースな進化をしています。
メタルラックは以前は展示シェアが多かったものの、
ホームセンターの売場でのアイリスオーヤマの占拠率が高くなり過ぎたためか、
最近は展示シェアが下がってきているように思います。
一方、非常によく健闘しているのがドウシシャです。
DCMホールディングス(カーマ、ダイキ、ホーマック)は以前は
PB商品とメタルラックだったと記憶していますが、
最近はルミナスラックに展示がシフトしています。
また、近畿圏のホームセンターの雄であるコーナンの
PBであるLIFELEXのスチールシェルフ(ワイヤーシェルフ)は
どうもドウシシャっぽい。
輸入元はセーコートレーディングとなっていて
問い合わせても「ドウシシャの関連会社ではない」としていますが、
詳細は改めて説明するとして、ルミナスラックと仕様が非常に似ています。
以上の御三家の地位は相変わらず固いのですが、
amazonや楽天、ケーヨーD2でシェアを伸ばしてきているのが
山善(YAMAZEN)のメタルシェルフSRシリーズ
基本的にセット品が主なのですが、
ケーヨーD2では御三家同様のパーツを取り揃えています。
(残念ながらネット通販ではパーツは買えないようです)
ちなみにケーヨーD2は以前はD2オリジナルのワイヤーラックで、
現在も一部取り扱っていますが、
メインは山善のメタルシェルフに取って代わっています。
あと、ニトリのスチールシェルフCMSシリーズ
以前のニトリのワイヤーシェルフは本当に安っぽい塗装で、
強度的にも結構ヒドかったものですが、
他の大手と比べれば相変わらず見劣りするものの、
オプションパーツがいくつか用意されており、
何より価格的に魅力的になりました。
(ニトリ楽天市場店ではパーツは扱っていませんが、
 ニトリネットではパーツも購入できるようです)
以上を踏まえて図表化したものが下の図です。
とりあえず関西圏の現在の勢力図を表したものですが、ご参考までに
ワイヤーシェルフ各社勢力図(シェア)
※2012年6月現在 大阪近郊での独自調査による

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 詐欺被害からの返金調査、東京の探偵・興信所「First-csi」

    【調査】でリンクしました。トラックバック失礼いたします!詐欺の被害にあった方は都内実績多数の返金解決の調査、弊社へ無料で相談下さい!