いったん棚上げ、定期的に棚卸し、在庫管理はしっかりと

仕事などで結論が出ない場合は、いったん「棚上げ」します。
また期末には在庫の「棚卸し」をします。
さらにその間、モノの出入りがあればその都度、
「在庫管理表」に記帳しますよね。

家庭のモノの収納も基本は同じです。
基本は、入ってきたモノは棚の適切な場所に収納、
置き場所がなければ棚の上に上げてしまいます
棚の上に上げる場所がなければ床に置くことになってしまいます。
つまり逆に言うと、棚の上なり、納戸部屋なり、
一時的にモノを待避する場所はどんなに狭い家でも必要です。
これがモノの量を8割方にすべしという理由ですね。
そうして8割方のモノをキープしていても、
どうしてもモノの管理に手が回らない時もあります。
そんなときは落ち着いたときに棚からモノを下ろして、
モノの種類や量を再確認したり、消費や処分などをおこないます

またその間、在庫管理表を作成するのが一番良いのでしょうが、
少なくとも私はそんなことはしていません。
頭の中に記憶するだけです。食品でも洋服でも。
残念ながら私の記憶容量は非常に少ないので(苦笑)、
モノをあちこちにおいてしまうと把握できなくなってしまいます。
ですから、同じ種類のモノはできるだけ一ヶ所にまとめます
そのほうが把握しやすいからです。
また、「どれと同じ仲間かな?」と思うようなモノは
無理矢理こじつけてでもいずれかの仲間にしてしまいます。
電球→電気関連→工具の仲間とか、
写真データCD→DVDと同じ大きさ→TVボードに、とか、
とにかく仲間外れを作らないようにし、
他方で各場所の収納スペースには限りがありますから、
あまりグループの大きさに違いが生じないように、
バランス良く配置するようにしています。
もちろん、これは単に私の場合の話ではなく、
お客様にアドバイスするときも一緒です。
「棚上げ」「棚卸し」「在庫管理」
どの段階に問題があるか考えてみるのも良い方法です (・∀<)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク