スチールワイヤーシェルフ収納テク(4)高脚式にして使う

スチールワイヤーシェルフの収納テク第4弾。
これはもはやテクニックというより、
スチールワイヤーシェルフを使う上での鉄則だと、
旧・収納マンは思ってます
そのテクニックとは、既にタイトルにも書いちゃってます通り、
スチールワイヤーシェルフを高脚式にして使うということ。
「どういう意味?」
こういう意味です
ルミナスラックを高脚式にする
一番下の棚板を一番低い場所に固定するんじゃなくて、
最低30cm以上上げて固定するんですね。
そうするとこういう具合に、ホームベーカリーや
ドリンクのストックなどが収めやすいわけです。
そして何より、掃除がしやすい!
これは助かります
ついでに、こちらもご覧ください
メタルラックを高脚式にする
ゴミ箱が収まるように、かなり高く・・・700mmくらい上げてます。
そうするとさすがにポールがグラグラしますので、
写真のようにサイドバー を三方に取り付けます。
写真のはアイリスオーヤマのメタルラック専用パーツですが、
ドウシシャのルミナスラックの場合はコの字バーという
便利なオプションパーツもあります

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク