『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

インテリアを良くするコツ(3)

「インテリア・コーディネート」という言葉を聞いたとき、皆さんは何を連想しますか?家具、カーテン、ラグ、色使い・・・・・確かにどれも大事ですが、私はこれらの物は二の次と考えています。
インテリアで最も重要なのは、ずばり照明です。しかも、照明器具のデザイン云々よりも、明るさや光の色、数や向き、光源の種類などが重要です。
照明一つで、収納やインテリアでもよくある「ビフォー&アフター」を作り出すのは容易です。家具やカーテンなどを変えなくても、照明の数を増やすなどするだけで、全然イメージが変わってきます。
収納マンはテレビの仕事も何回か経験がありますが、女性アナウンサーは皆さん口を揃えて、「照明さん(=照明係)無しでは仕事が出来ない!」とおっしゃいます。かの美白の女王も恐ろしいほど照明を浴びた状態でしかテレビに出てこなかったように、人や物を美しく見せるには、照明は非常に重要なのです。
他方で皆さん、ご自分のお宅の場合はどうでしょう?かく言う収納マンの家でも、人がいない部屋や廊下は照明を消します。また、必要最小限のシーリングライトなどを点けるだけで、スポットライトやスタンドライトなどは置いていません。仮にそういったものを置いていても、多くのご家庭で、「電気代が勿体無い!」と言って消してしまうでしょうね。
つまりそういうことです。インテリアは「勿体無い」んです。ソファーでも、小さな子供がいることを考えると、「合成皮革張り」になっちゃうんですよね。汚れると困るから(笑)でも、インテリア性を考えると、絶対に「布」なんです。テクスチャーや柄も豊富だし、手触りも良いですから。
ちなみに余談ですが、ソファーの最高格は「本革張り」「一枚皮」と思ってらっしゃる人が多いのですが、それは思い違いです。もちろん好みですが、多くの家具のプロは布張りを選びます。汚れやすく、擦り切れやすく・・・・・でも先ほど申し上げたようなメリットの多い布。だからインテリアは非合理的で、だからこそ贅沢で、勿体無いんですね。
インテリアを良くするコツ(3)-1・・・・まず照明を見直すこと!
インテリアを良くするコツ(3)-2・・・・インテリアはケチるなかれ

コメント

  1. インテリア ライト

    インテリア雑貨は、インテリアをコーディネイトする上で、スパイス的な役割をするもの。インテリア雑貨は、適切に使えばお部屋の印象がガラッと変わってとてもステキな雰囲気に! インテリア雑貨の例としては、・時計・絵や写真・置物・食器・花瓶・テーブルクロス・ク

  2. 生活019

    効く美白化粧水と美白美容液…・・・普通のドラッグストアに売っていてとにかくこれは効く!っていう実際効果のあった美白化粧水教えてください><;あと、美白美容液も教えてほしいです。。それと、できればどちらも1000円以内で・・・ないでしょうか;;….(続きを

  3. 布団 収納

    覆面パトカーについてです。覆面パトカーについてです。見分けるポイントを、知りうる限り、そして実践している方法を、思いつくままいくつでも教えてください。みなさまから広く情報を募ることを第一の目的とします。(続きを読む) インテリアを良くするコツ収納マンは