インテリアを良くするコツ(2)

インテリアと収納の違いは、他にもいくつかあります。まず、時間という点。
家具やインテリア小物、ファブリックを選ぶ際は、プロと言えども、足を使って探し回り、時間を掛けてネットやカタログで調査します。ですからとにかく、時間が掛かるのです。
対して収納は、そもそもが時間を節約するための手段です。だから、収納用品を選ぶ際はもちろん、片づけ作業も、日々のメンテナンスも、時間が節約できなくてはなりません。時間が掛かってしまっては、収納本来の目的に反するのです。
シャープのCMで、吉永小百合さんが「良いインテリアは、良い時間です」と言うのがありましたが、これはまさにその通りです。だから正確に言えば、インテリアには時間が掛かるのではなく、インテリアは時間そのものなんです。時間と手間を掛けてまでインテリアを良くするのがイヤであれば、もしくは時間や手間が今の自分にはなければ、プロにでも頼まない限り、残念ながらインテリアを良くするのは難しいでしょう。ですがそういったことが好きであったり、それだけのゆとりがあるなら、インテリアを構築する時間は非常に幸せな時間ですし、そこに費やした時間は、そのインテリアに身を置くときに感じることが出来るのです。つまり、時間を貯金したことになるんですね。
インテリアを良くするコツその2・・・・インテリアは時間の貯金

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク