掃除のパターン化・・・その前にやっぱり片付けかな?(´・ω・`;)

時間と作業と空間の節約を図る家事のパターン化
今回は掃除のパターン化についてお話したいと思います。
掃除イメージ
掃除のパターン化について改めて考えてみたんですが、
よく考えたら、お客様のお宅でそういう話になったことが、
ほとんどないんですね。
それもそのはず、片づいていないと掃除がしにくいのは当然で、
やはり掃除を効率化するにはまず片づけからなんですね。
我が家の場合でも、床掃除をするときは、
ゴミ箱など床に直接置いてあるモノをすべて、
家具などの上に乗せることから始めますので、
足の踏み場がないとまではいかなくても、
片づいていないと掃除は大変だろうと思います。
棚の上なんかもモノをゴチャゴチャと並べていると、
モップをかけたり雑巾掛けするのも大変だし、
あとたとえばテレビボードの裏側の配線がグチャグチャだと、
ホコリがたまって掃除がしにくいですもんね。
というわけで、掃除を効率的にするにはまず片づけましょう!
・・・と、それを言ったら料理も洗濯も同じですね(笑)
実は私、掃除はあんまり得意じゃないので
(それを言ったら料理も洗濯もそうですが・苦笑)、
おまけに前述の通り、お客様宅で見聞きしたことも少ないので、
正直言ってあまり掃除に関するノウハウがありません。
なのでたぶん何も特別なことはしていないのですが、
一応、我が家でやっていることを順番に挙げていきたいと思います。
共働きのため、掃除は通常、土曜日の午前中にします。
正直、やりたい気分じゃないときのほうが多いのですが(苦笑)、
私のようなズボラ者がそれでもちゃんとできるのは、
やっぱり曜日と時間を決めているからだと思います。
また、前述の通り、まず床の上に直接置いてあるモノを
家具などの上に一旦よけてから掃除を始めるので、
これがあまり多いと大変ですから、
ある程度、ちゃんと片づけるようにしているのだと思います。
床の上に直接置いてあるモノを避難したら、次に棚の上のモップ掛け、
そして掃除機をかけてから床を雑巾で拭きます。
床掃除が終わったら、洗面所とトイレの掃除。
このようにパターン化されていて、ざっと1時間程度で終わります。
この週末の掃除はあまり家事効率化というメリットが見出しにくいのですが、
料理をした後は、コンロ周りが温かいうちに、
布巾で周囲を拭く
ようにしています。
また、キッチンの換気扇にはフィルターを付けたり、
シンクの排水口には水切りネットを付けたり、
こういう細かなことが汚れの固着を防いで、
大掃除の必要性を減らし、結果的に効率化できているのかなと思います。
このあたりは私自身、まだまだ研究が必要かなと思います。
とりあえずは掃除のパターン化にはまず片づけからということで(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク