洗濯のパターン化はやっぱり移動距離を縮めることが一番大事!

時間と作業と空間の節約を図る家事のパターン化
今回は洗濯のパターン化について説明したいと思います。
衣類を着る→洗濯→干す→畳む→収納する「5サイクル」については
既に説明してある通りですので、大まかな流れについては問題ないでしょう。
我が家の場合の洗濯物を干す手順や取り入れる手順も紹介済みですね。
衣類の5サイクル
「片づけが苦手」という方も、「洗濯は好き」という方が多いように思います。
料理は生産行為ですから「料理が好き」というのは分かるのですが、
洗濯は非生産行為なのに好きというのはちょっと不思議なような気もします。
ただ、「片づけが苦手」という方は几帳面でキレイ好きの方が多いので、
思い通りにキッチリいかない、キレイに見えない片づけより、
思い通りにキレイになる洗濯のほうが心地良いのかもしれません。
それはともかく、洗濯のパターン化を考える場合、
問題となるのは、主に以下の点ではないかと思います。

  • 脱衣カゴの分け方、置き方
  • 洗濯用洗剤・ハンガーなどの収納方法
  • 室内物干し
  • 洗濯物を取り入れた後の衣類の山
  • 各部屋に収納しに行く際の移動
  • 一度袖を通した服(未洗濯)をどうするか
  • クリーニングに出す予定の衣類をどうするか

それぞれ、我が家に関して言うと・・・
汚れ物は浸け置き、それ以外は直接洗濯機へ入れます。
脱衣カゴは基本的に使いません。
洗濯用洗剤やハンガーは洗濯機そばにひとまとめにして収納。
室内物干しは和室に突っ張り室内物干しを置いています。
取り入れた洗濯物はハンガーのまま室内物干しに移動して、
落ち着いてからその場で畳むので洗濯物の山はできません。
室内物干しのある和室が衣裳部屋なので、
畳んだ衣類は移動することなくその部屋に収納するだけです。
一度袖を通した服も洗濯済みの服も一緒にワードローブに収めます。
それらを別々にするスペースの余裕は我が家にはありません。
クリーニングに出す衣類を別に分けることはしません。
思い立ったら何着かまとめてピックアップして持って行くだけです。
人それぞれこだわりなどがありますので、
我が家の事例は参考にならないかもしれませんが、
基本的にキッチン一ヵ所で完結する料理と異なり、
洗濯をパターン化するには家全体が関わってきますので、
とても難しいところであり、またとても重要なところです。
細かいことはともかく、移動距離を縮めることが一番効率的です。
その点で言うと、やっぱり一ヵ所にまとめるのが一番効果的
特に衣類の収納場所ですね。
なかなか家族全員分を一ヵ所にまとめるのは難しい場合が多いので、
その場合は、何らかの区別で2ヶ所、3ヶ所になっても良いと思います。
ただ、できるだけあちこちでないほうが良いし、
それぞれの間の距離も短いことが理想的です。
ここは本当に重要ですが、それぞれの家の間取りによって方法が異なります。
どうしたら良いかはご自分で一生懸命考えていただくか、
収納のプロを呼んでいただくのが一番かと思います。
⇒ お近くの収納アドバイザー検索「収納アドバイザー.net」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク