『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

取っ手が取れるのがとっても良い!鍋&フライパンなどのパターン化

時間と作業と空間の節約を図る家事のパターン化
読者の皆様にとっては、パターン化というより
ちょっとマンネリ化を感じつつあるかもしれませんが(苦笑)、
今しばらくお付き合いいただければ幸いです。
鍋はシンク下、フライパンとフタはコンロ下に収納するのが基本です。
鍋はシンクで水を汲んでから火にかけるのでシンク下。
フライパンは直接、火にかけるのでコンロ下。
フタは調理中に使用するのでコンロ下。
またフライパンとフタは薄いもの同士、収納しやすいので一緒にする。
これが理想的な基本の収納方法なのです。
しかしながら我が家のような賃貸住宅のシステムキッチンの場合は、
収納力が低いために、この基本通りにはいかないことがほとんどです。
我が家の場合は、シンク下に鍋もフライパンも一緒に収めています。
鍋・フライパン@シンク下
取っ手が取れる~T-fal(ティファール)がメインです。
取っ手を取ると重ねられるので我が家のような狭いキッチンでは重宝します。
ちなみにこちらは2代目です。
以前のは内側のコーティングが剥がれてきてダメになりました。
薄いので変形もしてきていました。
調理器具としてはあまり良い評価をされないことも多いですが、
収納面では非常に良いと私は思っています。
あと、フタや取っ手は左横のファイルボックスに立てて収納しています。
ザル・ボール@シンク下
先ほどの鍋が入っていたところの右側・・・
ここにはザルとボールを収めています。
以前は全部まとめて重ねていましたが、
それぞれ別に重ねるようにしたので出し入れが非常に楽です。
本当はザルはもう一つくらい欲しいところなのですが、
調理中に置く場所がなくなるだけなので、
途中で洗って使うようにしています。
ボトル調味料・ホットプレート@コンロ下
ついでに、こちらはコンロ下です。
湿気が回りやすいシンク下に調味料を置くのは適切でないため、
また調理中に使いやすいように、調味料はコンロ下に置いています
その奥の上側のプラ箱には小麦粉などのストック、
下側にはたまに使う程度のホットプレートを収めています。
ホットプレートはあまり使わないから奥に収納したというより、
奥に収納して出すのが面倒臭いので、
使わないで済むようにやり方を変えたという感じです。
以前は鍋物のときにはホットプレートを出していましたが、
私が主夫になってからは鍋で煮込んで鉢に取り分けるようにして、
ホットプレートを使わないようにしています。
ホットプレートを使うのは目下、お好み焼きのときだけです。
料理の仕方を変えると、使う道具は変わりますね。
これぞ家事のパターン化の目指すところかなと思います。

コメント