2015学習机 【比較】 コイズミ・CDファースト&CDコンパクト vs イトーキ・JOYCOLORDESK(ジョイカラーデスク)書棚ハイタイプ&書棚ロータイプ

コイズミのスタンダード学習机で売れ筋のCDファーストCDコンパクトと、
同じくイトーキのJOYCOLORDESK(ジョイカラーデスク)書棚ハイタイプ
書棚ロータイプ
学習机シェア2強の売れ筋のスタンダード組み替えデスクを、
学習机評論家・収納マンが徹底的に比較してみました! (゚∀゚)
 

メーカー

コイズミは蛍光灯付き学習机のパイオニアで業界最大手
「子どもたちの笑顔」のために子供目線で開発している感じ。
イトーキは創業125年を迎える学習机メーカーの老舗
「子供の成長を見守る」という親目線で開発している感じ。

材質

CDシリーズもジョイカラーデスクも天板はMDF合板(繊維合板)。
MDF合板(繊維合板)とは木材を繊維状にして固めた板のこと。
木のぬくもりは感じられないが強度は十分である。

機能

CDシリーズはデスク横にランドセルハンガーとカバンフック付き、
ジョイカラーデスクはデスク横に樹脂フック2個付き。
CDシリーズは本体引出におかたづけキット付き、
ジョイカラーデスクは同じく専用お片付けトレー付き。
CDシリーズは本体と袖ワゴンの引出がすべてフルオープン
ただしジョイカラーデスクに比べると袖ワゴンの引出の奥行が浅い。
ジョイカラーデスクは袖ワゴンがフリーボックス型下段引出し
CDファーストは天板奥行が535mm+拡張80mm(計615mm)
CDコンパクトは天板奥行が530mm+拡張70mm(計600mm)
ジョイカラーデスクは同じく520mm+拡張130mm(計650mm)
CDシリーズはハート形ミラーまたはフォトフレーム付き。

デザイン

カラーバリエーションが豊富なデスクはコイズミがパイオニア。
イトーキは2013年度からジョイカラーデスクを発売するも、
2014年度の9色から2015年度は7色に減らした。
オプションとして、CDシリーズは木目調3色の取り替え用前板セット、
ジョイカラーデスクは元に戻せる&色を楽しむ前板セット8色を用意。

総合評価

この2モデルに関しては、完全にCDシリーズのほうが勢いがある。
ジョイカラーデスクは後発で、CDシリーズに勝るポイントを
見つけることができないままラインナップを縮小することとなった感あり。
CDシリーズは豊富なカラーバリエーションに加え、
収納マンが太鼓判を押すLEDデスクライト、ランドセルハンガーなどが魅力。
ジョイカラーデスクは本体引出の専用お片付けトレー、
フリーボックス型下段引出しなどが魅力。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク