2015学習机 【比較】 コイズミ・DecoPri(デコプリ) vs イトーキ・jewelcute(ジュエルキュート)

コイズミの学習机で女子に大人気のDecoPri(デコプリ)と、
同じくイトーキのjewelcute(ジュエルキュート)
学習机シェア2強の女児に大人気の組み替えデスクを、
学習机評論家・収納マンが徹底的に比較してみました! (゚∀゚)
 

メーカー

コイズミは蛍光灯付き学習机のパイオニアで業界最大手
「子どもたちの笑顔」のために子供目線で開発している感じ。
イトーキは創業125年を迎える学習机メーカーの老舗
「子供の成長を見守る」という親目線で開発している感じ。

材質

デコプリもジュエルキュートも天板はMDF合板(繊維合板)。
MDF合板(繊維合板)とは木材を繊維状にして固めた板のこと。
木のぬくもりは感じられないが強度は十分である。
デコプリはさらに鏡面仕上げにすることで高級感を出している。

機能

デコプリはデスク横にランドセルハンガーとカバンフック付き、
ジュエルキュートはデスク横に樹脂フック2個付き。
ジュエルキュートは本体引出に専用お片付けトレー付き。
デコプリは本体と袖ワゴンの引出がすべてフルオープン
ただしジュエルキュートに比べると袖ワゴンの引出の奥行が浅い。
デコプリのステップアップデスクは袖ワゴンの天板がリフティング式
(デコプリのベーシックデスクの袖ワゴンは天板固定式)、
ジュエルキュートは同じく天板固定式(引出2段目はデコプリより深め)
デコプリはジュエルキュートよりもデスクライトのシェード幅が広い
デコプリはデスク天板の幅が970mm、ジュエルキュートは同じく1000mm
組み替えデスクに関して、
デコプリは天板奥行が530mm+拡張70mm(計600mm)
ジュエルキュートは同じく550(530)mm
組み替えデスクに関して、デコプリは3パターンの組み替えだが
ジュエルキュートは4パターンの組み替えができる

デザイン

お姫様気分のデザインはコイズミのプレタノーバがオリジナル。
2012年度からデコプリが後継モデルとして登場し、
2013年度から登場したジュエルキュートはプレタノーバに非常に似ている。
ライバル社にオリジナルのデザインが残っていることは大変興味深い。
またジュエルキュートは2013年度登場時から、
デコプリは2014年度から、ブラックカラーを採用。
デコプリはお姫様路線よりもギャル路線に舵を取った一方、
ジュエルキュートは基本的にお姫様路線を貫く。
デコプリは天板を鏡面仕上げとし、鏡が付いているので、
ラグジュアリー感が強い一方、
ジュエルキュートはやや控えめな印象。

総合評価

この2モデルに関しては、完全にデコプリのほうが勢いがある。
デコプリのほうがラインナップが充実しており、機能的にも充実している。
ただしギャルブームが去った感もあり、今後はともに低調に推移するか?
デコプリは幅広いラインナップに加え、
天板鏡面塗装、鏡や全体のキラキラ感がチャームポイント。
また、リフティング天板の袖ワゴン(ベーシックデスクのぞく)、
収納マンが太鼓判を押すLEDデスクライト、ランドセルハンガーなどが魅力。
ジュエルキュートは本体引出の専用お片付けトレー、
2段目が深い&奥行の深い袖ワゴンなど、収納力が魅力。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク