2015学習机 【比較】 イトーキ・Leamo(リーモ) vs コイズミ・LakeWood(レイクウッド)

イトーキの人気モデルであるLeamo(リーモ)と、
同じくコイズミのLakeWood(レイクウッド)
学習机シェア2強の人気のベーシックデスクを、
学習机評論家・収納マンが徹底的に比較してみました! (゚∀゚)
 

メーカー

イトーキは創業125年を迎える学習机メーカーの老舗
「子供の成長を見守る」という親目線で開発している感じ。
コイズミは蛍光灯付き学習机のパイオニアで業界最大手
「子どもたちの笑顔」のために子供目線で開発している感じ。

材質

リーモ、レイクウッドともに、天板はアルダー材無垢板(集成材)。
無垢板(集成材)とは木材を継ぎ合わせて作った板のこと。
アルダー材は決して硬くない木材だが、
木のぬくもりを失わない程度に塗装することで必要最低限度の表面硬度は確保。

機能

リーモはデスク横に「使い分けフック」付き、
レイクウッドは同じくランドセルハンガーとカバンフック付き。
リーモは本体引出に専用お片付けトレー付き。
リーモは袖ワゴンの最下段引出が「フリーボックス型」
レイクウッドは本体と袖ワゴンの引出がすべてフルオープン
ただしリーモに比べると袖ワゴンの引出の奥行が浅い。
リーモは袖ワゴンの天板が固定式(引出2段目はレイクウッドより深め)
レイクウッドは同じくリフティング式
リーモの上棚は実質的に本などを上下2段に収納可能

レイクウッドは全高は同程度の高さにもかかわらず下は小物程度しか収まらない
(その代わり上段に教科書などを収納する場合、安定感がある)

リーモよりもレイクウッドのほうがデスクライトの幅が広い
(それぞれの平机タイプ、レイクウッド昇降デスクのぞく)
組み替えデスクに関して、
リーモは天板奥行が520mm+拡張130mm(計650mm)
レイクウッドSDF-371ALは同じく535mm+拡張70mm(計605mm)
ベーシックデスクに関して、
リーモは天板奥行が600mm

レイクウッドは同じく650mm
組み替えデスクに関して、リーモは4パターンの組み替えができるが、
レイクウッドは3パターンの組み替え

デザイン

アルダー無垢の落ち着いたテイストはリーモがオリジナル。
レイクウッドは後発だが、カラープレートを入れ替えたり、
そこに好きな写真を入れられるようにすることで子供心をくすぐる。

総合評価

2015年度からリーモはカフェブラウン色を充実させ、
レイクウッドは昇降デスクを導入するなど、
両社ともシリーズのラインナップの拡充を図っている。
リーモは女性好みの落ち着いたデザインと、
本体引出の専用お片付けトレー、フリーボックス型下段引出し、
2段目が深い&奥行の深い袖ワゴンなど、収納力が魅力。
レイクウッドは子供好みの楽しいデザインセンスと、
同じく子供が喜ぶことの多いリフティング天板の袖ワゴン、
収納マンが太鼓判を押すLEDデスクライトなどが魅力。
いずれも甲乙つけがたい、良きライバルと言える。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク