2015学習机 【比較】 イトーキ・tref(トレフ) vs コイズミ・PREO(プレオ)

イトーキのハイエンドモデルであるtref(トレフ)と、
同じくコイズミのPREO(プレオ)
学習机シェア2強の人気の高級モデルのデスクを、
学習机評論家・収納マンが徹底的に比較してみました! (゚∀゚)
 

メーカー

イトーキは創業125年を迎える学習机メーカーの老舗
「子供の成長を見守る」という親目線で開発している感じ。
コイズミは蛍光灯付き学習机のパイオニアで業界最大手
「子どもたちの笑顔」のために子供目線で開発している感じ。

材質

トレフの天板はナラ材無垢板(集成材)
無垢板(集成材)とは木材を継ぎ合わせて作った板のこと。
プレオの天板もナラ材無垢板(集成材)

機能

トレフは本体+袖ワゴン+棚+LEDデスクライトすべてセットだが、
プレオはそれらがすべて別売となっている。
トレフはデスク横に「使い分けフック」付き、
プレオは同じくランドセルハンガーとカバンフック付き。
トレフは本体引出に専用お片付けトレー付き。
トレフは袖ワゴンの最下段引出が「フリーボックス型」
プレオは本体と袖ワゴンの引出がすべてフルオープン
ただしトレフに比べると袖ワゴンの引出の奥行が浅い。
トレフは天板奥行が520mm+拡張130mm(計650mm)
プレオは同じく520mm+拡張80mm(計600mm)
トレフはデスク天板の高さが760mm
プレオは同じく730mm
トレフは5パターンの組み替えができるが、
プレオは書棚との組み合わせで使用する場合、最大3パターンの組み替え

デザイン

トレフは直線的で旧来からある箱型に近いデザイン。
プレオのほうがボリューム感のある上品なデザイン。

総合評価

2015年度からトレフはユニットタイプと平机タイプがなくなり、
同じくプレオはハイタイプがなくなった上に、
本体、袖ワゴン、棚、デスクライトがすべて別売となった。
この価格帯はカリモクや浜本工芸といった
高級家具メーカーの学習机と価格帯が近いということもあり、
いずれも苦戦しているのかもしれない。
ともあれ、トレフは5つのスタイルが選べる組み替えデスクで、
専用お片付けトレー、フリーボックス型下段引出し、
奥行が深く収納量の多い袖ワゴンなどが大きな強み。
プレオはそれぞれ別売のため必要な組み合わせが選べることと、
ボリューム感のあるデザイン、ランドセルハンガー、
収納マンが太鼓判を押すLEDデスクライト(別売)が強み。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク