浜本工芸の2015学習机はカリモクを見事にオマージュ!?(;・∀・)

2015年度のサムソン・・・もとい、浜本工芸。
昨年度はちょっと褒め過ぎた感があったので、
今年度は厳し目に評価したいと思います。
さて、2015年度の浜本工芸は、色々と変化があります。
かなり多くの商品の品番が変わっており、
価格も値上げだったり、据え置きだったり、
逆に値下げだったり・・・まあ、だいたい値上げですが。
品番は変わっても仕様に変化が見当たらないものも多く、
どこをどういじったのか見当が付きません。
価格を変えたので品番も変えたというなら話は分かりますが、
価格に変化がないのに品番が変わっているものも存在します。
ちょっと不思議な感じですね。
それはさておき、個別の商品について見ていきましょう。
個人的に2015年度の浜本工芸で一番注目したのはNo.46デスク

浜本工芸でもっとも手の届きやすい価格のオーク無垢のデスクですが、
前モデルでは「ロ」の字型だった脚が、
新入学児にとって横から座りやすい、いわゆるスキー脚になりました。
しかも前モデルと比べ、約8%の値下げ!(デスク本体)
・・・と思ったら、本体引出が別売となっていましたねあせあせ
実質的な値上げじゃないですか・・・ (´Д`;)
それにしてもまあ、素晴らしいほどの
カリモクのOak forest(オークフォレスト)パクリオマージュだこと(苦笑)
お次は新商品のNo.31デスク

いわゆる組み替えデスクですが、書棚のデザインを見る限り、
どう考えてもカリモクのBuona scelta(ボナシェルタ)(苦笑)
それはともかく、構造上、横揺れするかと思いましたが、
そこらへんはまったく問題なさそうです。
ただまあ、浜本らしさがプラスされているとは思いますけど、
これだったら個人的にはボナシェルタを買いたいですね。
もしくはコイズミのPREO(プレオ)イトーキのtref(トレフ)で。
消費者ニーズに対応することはもちろん大切ですが、
売れ筋のNo.07デスクをむりやり組み替えデスク化した感じがします。
ま、浜本工芸らしいとは思いますけど。
あと、デスクライトですが、主力のクレオ製LEDデスクライトが、
調色機能付きとなりました。

これはGJですね。
カリモクのデスクを買った方などからも引き合いがありそうです。
最後に、2014年度にいったんデスクカタログから消滅したはずの
座面が布バネ回転チェアがなぜか復活。

これはおそらく、回転チェアがない、布バネがないと、
営業サイドから要求があったんでしょう。
これは当然必要でしょうね。
以上、昨年度対比での主だった変更点は以上です。
それにしても、道具としての浜本工芸のデスクは最上級だと思いますが、
さすがにちょっと他社の後追いが目に余るような気がしますね。
このままで本当に良いんでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク