2015年度のカリモク家具の学習机はまさかのディズニーキャラクター採用!(●ω●;)

2015年度のカリモク家具の学習机のカタログを見て一番衝撃的だったのは、
ディズニーキャラクターを採用したデスクが発売されたことでしょうか。
シンデレラをモチーフにしたCountry(カントリー)、
ミッキーをモチーフにしたBuona scelta(ボナシェルタ)、
そして9月に入ってから「アナと雪の女王」をモチーフにしたカントリーが
数量限定で緊急追加発表されました!
ディズニーキャラクターをデスク本体のデザインに取り入れたのは、
15年くらい前のチトセ以来だと思うんですが
(チトセはアイリスオーヤマ傘下となり既に学習机市場からは撤退)、
当時、中価格帯のチトセとしては高額の20万円くらいの
ナラ無垢のミッキーの学習机を販売していたことが思い出されます。
ディズニーキャラクターはコアなファンがいますし、
お子さんにも人気なので、もちろん売り上げは見込めると思うのですが、
品質で勝負のカリモクがキャラクターものに手を出すとは・・・
個人的にはかなり衝撃的でした汗
ともあれ、数量限定のアナ雪モデルは即完売必至ですね!
アナ雪ファンは今すぐにチェックしましょう!!
(たぶんネットショップで扱われることはないと思います。
 たった○○○台の限定販売、もちろん追加生産はないので。)
あと、2015年3月を以ってのTiporino(ティポリーノ)
Smart(スマート)の生産中止を発表するとともに、
代わりに新作2モデルを発表しました。
 
Semina A(セミナエース)Slope(スロープ)
セミナエース中高生をターゲットとした商品でしょうか。
このデザインをオークを主材として作れるのは
カリモクの技術あればこそですね!
デザイン面やターゲットの的確さという点で言うと、
これは間違いなく(そこそこ以上は)売れると思います!
ただカリモクの技術と設計を以ってしても、
この構造はやはりちょっと横揺れが生じますね。
スロープは天板が6°傾斜するという、変わったデスクです。
「勉強しやすい姿勢で集中力アップ」だそうですが、
実際のところどうなんだろうかという思いと、
果たしてそんなニーズがあるのかと思ったりもしますけど、
「(広い意味での)北欧風」なデザインがウケるかもしれませんね。
2014年度同様、古典的な学習机のラインナップがまた減るわけですが、
2014年度発売のPicros(ピクロス)Oak forest(オークフォレスト)
いきなり2014年度のカリモクの人気ランキング4位と5位に登場したことで、
その系統を充実させたということでしょうか。
同じく2位のPure nature(ピュアナチュール)のヒットを受けての流れですね。
カリモクと言えばBuona scelta(ボナシェルタ)
Utility(ユーティリティー)等といったユニット型のイメージが強かったですが、
ピュアナチュール以降のピュアオーク系のラインナップが
第2の柱にすくすくと育っていっている感じがしますねぇ。
こうやってカリモクは他のジャンルの家具でも、
総合家具メーカーとしてどんどん大きくなっていったわけですが・・・。
やっぱりカリモクは強いです。
あと、個人的に「これは!」と思ったアイテムがひとつありました。
ボナシェルタのオプションパーツであるハンガートレーです。
(ボナシェルタの書棚に取り付けるパーツです)

これはランドセルと制服などがスマートに収納できるアイテムです。
大型のS字フックを併用して給食袋や体操服袋などを掛けても良いですね。
最後に、2014年度に他社に追随することなく
値上げをしなかったカリモクですが、
2015年度は、2014年度発売の新商品を除き、
おおむね2%前後の値上げを実施しています。
やっぱり原料高が影響しているんでしょうかねぇ?
以上、ザッと2015年度のカリモクについて紹介しましたが、
実は先日、カリモク関西ショールームにお邪魔して、
突撃取材を済ませてあります! (゚∀゚)
その内容は追々・・・たぶん1ヶ月くらい先になりますが(苦笑)、
お伝えしていきたいと思っておりますので、楽しみにお待ちください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク