『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

これはオススメ!激安低反発ウレタンマットレス(敷布団)&折り畳み式スノコ

一人暮らしのお客様宅で寝具のご相談をいただいたときに、
たびたびご提案している商品があるのですが、
実際の使用感を試してみたく思い、私も所望してみました。

低反発マットレス シングル 8cm 密度40D
低反発マットレスの代名詞とも言えるほどのブランド・
TEMPUR(テンピュール)のものに比べると安すぎるので、
もちろんそれなりの代物だということは想定の範囲内ですが、
それにしてもこの値段で低反発ウレタンの
マットレス(敷布団)が買えるって、スゴくないですか?
で、実際に使ってみて分かったことは、まあハッキリ言って、
これはテンピュールのものとはまったく比較にはなりません。
テンピュールを「本当の低反発ウレタン」と言うならば、
この激安品は「ちょっと低反発なウレタン」程度のもの
です。
でも、お値段はたったの1/10程度です。
安物の綿の敷布団が買えるかどうかの値段です。
その割りには、寝心地は非常に良いです。
私は普段、フランスベッドの低反発ウレタンのマットレスを使用していますが、
最近はこの激安品のほうがグッスリ眠れるんじゃないかと思うくらい(笑)
もちろん、寝心地というのは人それぞれ好みがありますので、
すべての人にとって良いものと言うことはできませんが、
非常にコストパフォーマンスが良いものと言うことはできると思います。
ただし、いくつかのネガティブなポイントもあります(3つ)。
まず前述の通り、これは低反発ウレタンとは到底言えない代物と言うことです。
本当の低反発ウレタンに比べると、かなり反発力があります(=高反発)
ですからこれをして、低反発ウレタンの良し悪しを語ることは不可能で、
むしろまったく別物と考えていただいたほうが良いと思います。
次に、前述の通り反発力がありますので、
綿の敷布団やテンピュールのマットレスのように折り畳むことは不可能です。
そのため畳んで押入に入れる、ということはできません。
パイプベッドや後述のすのこなどの上に敷いて使うのが基本となります。
そして最後に、この商品は低価格で作るために、
低反発ウレタンに直接、カバーを巻いています
カバーのファスナーを開けるといきなりウレタンがその姿を見せるわけです。
ですから敷きパッドなどを敷いて使用することをオススメします。
あと今回は、クッションフロアの上に直接敷くシーンを想定していましたので、
合わせてスノコも購入することにしました。

二つ折り 折り畳み式すのこベッド シングル
これもやはりお客様にセットでオススメしているものですが、
山型にすることで干すことが可能です。
そのようにして干す場合はちょっと面倒ですが、
マットレスをいったん外してからすのこを畳み、
その上にマットレスを掛けるようにするほうがやりやすいです。
以上のような使い勝手ですので、一人暮らしの方には特にオススメです。
ワンルームなどで普通のベッドを置くと結構邪魔になりますし、
もし次の引越の可能性がある場合は引越がちょっと大変ですから。
また、そもそも布団を畳んでも収納する場所がないですし、
日頃留守がちのため布団を外に干す機会が少ないですから、
こうやって室内で干せるのはとても便利ですね。
(逆に、畳めないので天日干しはちょっと難しいかもしれません)
ほか、書斎等で一人で寝ているお父さん用にも便利ですし、
コストパフォーマンスが良いので、
赤ちゃんの授乳期にリビングダイニングで寝る必要が生じた場合など、
一時しのぎとして検討するのも良いと思います。
ちなみに私は重度の腰痛持ちですが、
一般論として、腰痛持ちには低反発マットレスはオススメです。
あとはLOFTY(ロフテー)のオーダー枕もオススメです(笑)
これはせっかくのオーダーメイドですからネットで購入せず、
実店舗で測定のうえご購入いただくことをオススメします。

コメント