二段ベッドを置くためにワードローブを分解→移動

幅1350mm、奥行600mm、高さ2000mm・・・
この巨大なワードローブ(洋服箪笥)を動かすのが、
今回の模様替えのメインイベント
でございます。
ワードローブ
この巨体ですから、いくらメーターグリッドで幅が広めで、
比較的シンプルな構造の我が家の廊下でも、
そのままではすんなりと通すことはできません
寝室から和室に至る廊下
写真上側が寝室で、ワードローブが見えてますよね。
これを写真左側の和室に移動するわけですが、
もちろんそのまま引きずっても寝室のドアを出られず、
横に倒しても廊下から和室に曲がることができません。
というわけで、ワードローブの分解を開始します。
まずは引戸の取り外しから。
引戸の内側の上部の凸部を引っ込めれば外すことができます。
(同様のものが下部にある場合もあります)
ワードローブ引戸内側の
引戸を外した状態
引戸を外した状態
天板を外した状態
天板を外した状態
左右に分割した状態
左右に分割した状態
野方家具工芸
購入当時からどこのメーカーの商品か分かってませんでしたが、
背板の裏にちゃんと表示がありました。
「野方家具工芸(株)」
箱物メーカーはかなり多いので私も知らないメーカーですが、
調べてみると、九州は大川のメーカーのようです。
このワードローブ、確か15万円もしなかったと思いますが、
鏡の付いた戸を板戸に変更してもらって、
本来は配送エリア外であるナフコ泉大津店さんに、
無理言って運んでもらったものです。
もちろん当時も納得して買ったと思いますが、
今こうして分解してみると、
改めて良いものを買ったなーと思いますね。
材質は内部が桐で、外箱はタモ。
いずれも等級はそれなりに高いほうだと思います。
作りも非常に丁寧です。
とても15万円もしないものとは思えません。
やっぱり家具は自分で組み立てたり分解したりして初めて、
本当に良いものかどうかというのがよく分かりますね。

(まあ、箱物は上を見たらキリがないのですが・笑)
・・・と、改めて我が家のワードローブに惚れ直しつつ(笑)、
分割したワードローブを和室に運び入れていきます。
台輪を置く右箱を置く中箱を置く
左箱を置く天板を乗せる引戸を取り付けて完成
ワードローブの分解・移動もそれほど時間は掛かりませんでした。
ちょうど1時間でしたが、そのうちの半分はホコリの掃除でしたね(笑)
そのあとは寝室に戻ってダブルベッドを回転させます。
まず引出を抜いて、ぐるりと・・・回らない (´Д`;)
ベッドが回転できない
仕方なく、いったんフレームを分解して移動。
ベッドの移動が完了
これで予定通りにダブルベッドを配置できました。
そうして、二段ベッドを置くスペースがようやく完成!
二段ベッドを置くスペースができました
また同時に、二段ベッドが届きました!
二段ベッドが届いた
デカイ!! (゚Д゚;)
まあだいたい予想してましたけど、やっぱデカイです(苦笑)
しかも、想像以上に各梱包が重いです。
よ~し、頑張って組み立てるぞ~! ヾ( ゚∀゚)ノ゙

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク