二段ベッドを置くために家具の大移動を開始!<(`^´)>まずはチェストの移動から

二段ベッドが届く当日の朝、家具の移動を開始しました。
プランから逆算すると、以下のような手順となります。
二段ベッドを置く場所を作る(寝室)
 ↑
ワードローブを移動する(寝室→和室)
 ↑
チェストを移動する(和室)
また、
二段ベッドを置く場所を作る(寝室)
 ↑
ダブルベッドを回転させる(寝室)
 ↑
ローチェストを移動する(寝室→和室)
家具移動の手順
この一連の流れを、二段ベッドが届く予定の
昼頃までに完了させなければなりません。
特にワードローブとローチェストは結構デカイですからねぇ。
二段ベッドという超特大のものが届いてしまうと、
身動きが取れなくなってしまいます汗
このようにして、段取りと時間を逆算するのですね。
収納は段取り八分です。
というわけで、早速、チェスト(整理たんす)の移動を開始。
チェストは引出をすべて抜いて移動させます。
引出をすべて抜いた状態の整理タンス
畳屋さんのように丸棒で転がそうかと思いましたが、
安物なので軽いため、普通に運べました。
チェストが置いてあった場所
チェストが置いてあった場所。
「畳は青かった」(ガガーリン)
10年間ほど動かしていなかったので、畳の色が全然違いますあせあせ
そしてこのホコリの量!
掃除するのは大変ですが、これだけあると逆に気持ちが良いですね(笑)
あとで掃除機のダストボックス見るのが楽しみだ~ (* ´艸`)
このあとも続々と家具を動かしていくわけですが、
家具を動かすのなんてそんなに時間は掛からないんですけど、
それよりも掃除のほうが時間が掛かります ^^;
でも大変って言うより、気持ちが良いですね~~ (´∀`*)
引き続き、ローチェスト2竿を移動。
ローチェストを和室に移動
まあ、こんな感じです。
ちなみにチェストとローチェストをまたいでいる物体は、
突っ張り室内物干しです。
これの位置を固定するためもあって、
先にチェストとローチェストを動かしたわけです。
で、「室内物干しに洋服が掛かっているのってどうなの?」
ってとこですが(苦笑)、
今回は家具の移動に集中したいので、
それはまた追々やっていこうと思います f(´-`;)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク