算数も片づけも反復練習あるのみ!?

実に10日ぶりの更新です ヾ(;´▽`A“
5月はゴールデンウィークの影響か、一年で一番お仕事の依頼が少なく、
今年も比較的ゆっくり過ごせると思っていたんですが、
仕事量は例年並みだったものの、どういうわけかバタバタとしておりました汗
油断していると、時間ってドンドン勝手に過ぎていくものですね(苦笑)
あっという間に明日から6月です! ヾ(;´Д`●)
さて。わたくしごとで恐縮ですが、
先日、塾から帰ってきた娘(小学4年生)が何だか元気がありませんでした。
そのときは妻が聞いても「なんにもない」と言っていたんですが、
あとでよく聞くと、算数のテストの点数が芳しくなかったからだそうです。
(そんなことで・・・カワイイですね~~・笑)
で、彼女の希望で、勉強を教えてあげることになりました。
彼女の苦手は図形。
三角形の内角の和は180度、二等辺三角形の頂点以外の二角は等しい、
というところあたりなんですが、
最初のうちは「わからない」を連発していました。
でも算数って、「わかる」とか「わからない」じゃないんですよね。
覚えているか、覚えていないか・・・
つまるところ、暗記科目なんですよね。
それが良いことか悪いことかは別として、大学受験までは、
社会や理科だけでなく、国語も英語も算数も、
ぜ~んぶ暗記科目なんですよね。
だから、「わかる」まで「考える」んじゃなくて、
「わかる」まで「反復練習して覚える」

これが大事だよということを教えてあげました。
そこでふと気づきました。
「あれ?これって片づけも同じじゃない?」って。
もちろん勉強も片づけもそもそものやり方が間違っていたら、
いくら反復しても同じことの繰り返しにしかなりませんが、
正しいやり方を身につければあとはやっぱり反復だなと思うのです。
正しいやり方が分からなければプロに聞けば良いのです。
昔と違って、今はちょっとネットで調べれば、
日本全国ほとんどどこにでもいます。
⇒ 収納アドバイザー.net
「分かっているけどできない」という場合は、
やる気が湧いてこないことが原因であることもありますが、
その場合は誰かと一緒に進めることをオススメします。
(ただし身内とやるとケンカになることが多いです)
もうひとつは「分かっているつもり」なだけで、
「実は分かっていない」というケース。
そういう場合は勉強と同じで、反復あるのみです。
分かるまで繰り返しやってみるのが良いでしょう。
結局、何だってそうだと思うのですが、
本気で何かを成し遂げようと思ったら、
時間や手間やお金を惜しまずに全力でアタックします。
逆に、片づかないという場合は、
いつか時間ができたらやろうと思って
買っておいたモノがそのままになっていたり、
ついつい現状に目をつむって外へ出かけがちです。
私は別に、普段の行動はそのままに
形だけ趣味で片づけているような人の真似をする必要はないと思うのです。
というか、無理だと思います。
それは前述の通り、それほどの努力はしていないからです。
でも逆に言うとそれは、しっかり努力すれば必ず片づくということです。
勉強でも、苦手科目が努力した結果、得意科目になることがあります。
そしてそれは他に代えがたい大きな喜びとなりますよね?
片づけにセンスは要りません!
努力すれば努力した分だけストレートに結果が返ってきます!
これから暑くなってきますが、
本格的に暑くなる前に少しずつ片づけていくのも
良いんじゃないでしょうか? (・∀<)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク