『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

布団を圧縮袋で収納する際の3つのコツ

今日はとても良いお天気でしたね (´▽`*)
我が家では毛布を干して、圧縮して片づけることにしました。
できるときにやっておかないと今度はいつ晴れるか分かりませんし、
放っておけば邪魔なうえにホコリが付いてしまったりして、
また洗い直したり干し直したりしないといけませんからね。

布団を圧縮する際に、気を付けるべきポイントは3つです!
 

  1. チャック部分を固く絞った雑巾で拭く
  2. チャック部分は一旦全部閉じる(チャック式のみ)
  3. 圧縮する際はカチカチにしない

まず、1番目ですが、チャック部分を固く絞った濡れ雑巾で拭くことで、
ミクロのホコリを取り除くことができ、
空気漏れの心配を大幅に減らすことができます。
「圧縮したけどすぐに戻ってしまう」という人は、
ほとんどがこの手順をおこなっていません

お次の2番目は、最近主流のバルブ式ではなくてチャック式の話ですが、
チャック式の布団圧縮袋の取扱説明書には、
「掃除機のホースを差し込む部分を残してチャックを閉じる」
と書いてあるんですけど、これではうまくチャックが閉まりません。
ビニールだから伸びてしまって端ですきまが生じてしまうのです。
ですから必ず一旦全部閉じてから、
掃除機のホースを差し込むスペース分を開けるようにします。
最後の3番目。布団を圧縮してカチカチに板状になると
ちょっと気持ち良いものですが(笑)、
そこまで圧縮してしまうと逆に圧力が高くなりすぎて、
圧縮袋の内外から穴が開きやすい状態になってしまいます

ですから感覚的には7割程度圧縮する感じにしておきましょう。
もうひとつ、布団圧縮袋はダウン80%以上なら羽毛布団もOKと
書かれているものもあるのですが、
基本的にはNGと考えておいたほうが良いでしょう。
そもそも羽毛布団のダウンの量の表示が正しくないことが多く、
フェザー(羽根)の軸が圧縮袋を内側から突き破る可能性が高いからです。
ですから羽毛布団を圧縮したい場合は、羽毛布団専用のものや
ハイグレードタイプが良いですね。
特に外側が不織布製のボックスタイプがオススメです。

これと同じメーカーで同じような仕様のものを我が家でも使ってますが
(まったく同じものは廃番というか仕様変更になったようです)、
ここ3年ほど繰り返し使用して羽毛布団を圧縮してますけど、
まったく問題なく使用できています。
破れたり膨らんだりする心配がないだけでなく、
四角くなって収まりが良いという点でも良いですね (・∀<)

コメント