『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

小保方晴子さんのSTAP細胞騒動に関して

小保方晴子さんのSTAP細胞騒動に関して、私の思うところ。
昨日の記者会見のダイジェストを今朝のニュースなどで見て、
これはヒドイなぁと思いました。
小保方さんの記者会見の態度や内容が、ではありません。
むしろ逆で、これでは公開処刑か魔女狩りだと思ったのです。
私は理系の人間でもなければ科学者の何たるかも分かりません。
また騒動の発端から現在に至るまでの膨大な報道のごく一部しか知りません。
ですが私には、彼女が(法律用語ではなく一般語としての)「悪意」が
あったとは思えませんし、ウソをついているとも思えません。
STAP細胞も実在するものと信じています。
報道の仕方があまりにも手のひらを返したように一方的なので、
私は何の縁もゆかりもありませんが、援護したくなったのです。
常識破りな成果を出す人というのは、
良く言えば常識に縛られない人である一方で、
悪く言えば常識を軽んじる人でもあると私は考えます。
常識の範囲で考えながら常識破りな成果を出すなんて、
都合の良いことはなかなかできないものです。
もちろん、彼女は科学者としての常識を守るべき立場にあったと思いますし、
その点では世間からの批判は甘んじて受け入れなければなりません。
常識を守る誠実な科学者である共著者は、
プロセスに問題があったと判明した時点で論文の体を為していないと考え、
論文の撤回に同意した一方で、
小保方さんはプロセスに問題があっただけで、
結論としては間違っていないので、
論文を撤回する必要はないと考えているのだと思います。
この考え方は科学者としてあるまじきことだろうと思いますが、
だからと言って今回の報道の在り方はいかがだろうと私は思うわけです。
STAP細胞が実在するという前提で言うならば、
重箱の隅をつつくような話だと私は思うのです。
もぐりの医者が奇跡的な結果を残すようなもので、
もしSTAP細胞を実用化できるのであれば
科学者としては失格であっても多くの奇跡を起こせる可能性があるわけです。
そう考えると、少なくとも現在の報道は過剰反応だと思うのです。
このバッシングが功を奏すれば、報道に拠れば、
今後、彼女を科学者として受け入れる研究機関はなくなるでしょう。
少なくとも日本では。
そうなると、STAP細胞の研究が止まってしまい、
医療の前途に良い影響を残すことができない・・・とは私は思いません。
外国の研究機関が彼女を受け入れる可能性があります。
そうすると日本の国益に利さないばかりか、
良い形で医療の世界に本来期待すべき影響を与えられない可能性があります。
彼女は前途ある若き科学者です。
間違いは誰にでもあります。
今すべきことは彼女をバッシングすることではなく、
静かに見守り、研究の成果を正しい形で示す機会を待つことではないでしょうか。
彼女を叩くのは、それがウソであったことが証明されてからでも
遅くないのではないかと思います。
昨日の記者会見ではSTAP細胞が実在することの物証を
示すべきだったという声もありますが、
おそらくは彼女は現在、研究所を自由に出入りできる状態にありません。
つまり物証を示したくても示せない状況にあると推測されます。
また、インディペンデントが実験に成功したけれども
その人の名前は個人情報なので明かせないというのも、私は理解できます。
だってこの報道体制でしょう?
個人名を明かせば、その方に大いに迷惑が掛かることは
容易に想像できることですし、
研究所の一員に過ぎないという立場で考えれば、
それを明かすことは越権行為ということにもなりかねません。
さらに今回の発表はタイミングが難しかっただろうと思います。
100%確実な実験結果を示せた段階での発表を予定すれば、
その前に情報が外部に漏れてしまったり、
他の人に先を越される可能性もあったと思います。
言い換えると少なからず不確実性があったわけであり、
それは推して測るべきだと私は思うのです。
彼女はいま相当精神的に参っていると思います。
これ以上報道が過熱すれば、STAP細胞が実在するかどうか、
そのことが本当に分からなくなってしまいかねません。
ですから今はそっと見守ってあげることが、彼女のためであり、
また世の中のすべての人にとって良いことではないかと私は思っています。
以下は小保方さんとは直接関係のない、極めて個人的な話です。
小保方さんがSTAP細胞の発表をしたときの報道を見た際、
私は「吉中(直美)さんみたいな人だな~。」と思いました。
一言で言うと、いろんな面で常識を覆すような人だと感じたのです。
そして今回の騒動でもやはり、同じ印象を受けました。
吉中さんも世間とはちょっと違う常識を持っている人でした。
少なくとも私の考える常識では理解できない方便を使い、
自分の言動を正当化する人でした。
吉中さんとの加盟店契約を解除したのもこの点が大きく、
日次報告であるべき報告書を提出しないことが多く、
最大半年間も放置したりして、
それに対し私は催促をするのですが、自分の非を認めずに、
逆に、提出しないのは私のせいだと言ったり、
今日中に提出すると自分で言いながらその約束を守らずに、
また何日も報告がないということも多々ありました。
他にも常識破りというかルールを守らないことはたくさんありましたが、
私が一番懸念していたのは、報告書がこちらに届いていないと、
お客様から問い合わせがあった際に適切な対応ができないということです。
言うまでもなく、こういう状態はサービス業としては致命的です。
ただ彼女からしてみれば最高に良いサービスを提供している自信があって、
それに比べればお客様からの問い合わせにこちらが対応できないとか、
そういう事務的なことはどうでも良かったのではないかと思います。
それこそ、重箱の隅をつつくような話だったのだと思います。
ですから私は今もって、彼女との契約を打ち切ったことが、
正しい決断だったのかどうか分かりません。
お世辞でもキレイごとでもなく、
彼女は非常に優秀な収納スタイルコーディネーターでした。
常識破りな彼女だからこそ、多くの人に良い影響を与えました。
そして一方で、常識破りな彼女の言動が私に相当のストレスを与え、
私は耐えきれずに契約を打ち切るという判断を下してしまいました。
話は元に戻ってしまいますが、
理化学研究所という組織は、また世間という器は、
私のような一個人と違って、常識破りな小保方さんという人物を
受け入れられるだけの素養があると思います。
だから小保方さんを温かく見守って欲しいのです。
日本のため、世界のため、そして医療の明るい未来のために。
また同様に、吉中さんにも収納スタイルコーディネーターとして、
己の道を貫いてもらいたいと願っています。
いずれも私には何もできませんが、
世間様には温かく見守ってもらえればとただただ願うばかりです。

コメント

  1. グリシーヌ より:

    収納マンが小保方さんを応援するのには正直びっくりしました。私は超超超超~~~へっぽこな医学論文を何本か書きましたが、はっきり言って小保方さんのような写真の取り違え間違えはどう考えたってないんです。まして、絶対に通したいと思ってる科学雑誌に投稿するときに。写真は本当に論文の肝なんです。重箱隅っこでなく、伊勢海老ぐらいです。収納マンが、ビフォアーアフターの写真にアフター写真を他人のお部屋を撮った写真を自費出版の本のトップページに持ってくるぐらいか、それ以上にありえない話なんです。
    報道については、最初の報道がおかしいんです。ネイチャーに載っただけで、他の人が論文を読んで実験に成功したわけでもないのに、あんなに報道普通はしないんです。むしろそっちがおかしい。有名大学の論文だって年間何本も有名雑誌に載って、それすら怪しい事が多いのに、何でこれだけ報道したのだろうかと思いました。私は報道された時に本当だったらすごいけど、まだ分からんなってのが感想です。
    もしSTAP細胞を実用化できるのであれば科学者としては失格であっても多くの奇跡を起こせる可能性があるわけです。ってのは、無理なんです。これが薬であって、なんだか分からないけど、癌が小さくなっちゃったっていうならいいんですけど、再生医療では、手順が重要なんです。
    すっごく簡単に作れてで素晴らしく美味しいカレーが有名レシピ本に掲載され、料理手順と材料が公開されました。三ツ星シェフも大絶賛!でも他の人が作ろうとしても作れません。実はあのカレーを作るには私には秘密のレシピとコツがあるんですよ。って言われたら、公開するときに書けよ!って思いますよね?少なくとも簡単じゃないじゃん!って思いますよね。ついでにカレーはだれも食べたことないし、写真だけで本物食べたことない。ついでのついでにその写真は違う写真だった・・・。なんじゃそれ~そのカレー本当にあるの?誰か食べたの???本人しか食べたことないんだって~
    で、そのカレーあるの信じます?つづく

  2. グリシーヌ より:

    STAP細胞がない証明は非常に難しい。ネッシーと雪男がいないのを証明するのと同じぐらい難しい。ないの証明は極めて難しいんです。共同研究者が同じ実験を税金を使ってやりますが、これでできなくても、法律上ですら『ない』の立証は難しいかもしれません。
    でも、小保方さんはガリレオでは残念ながらありませんよ。
    私は小保方さんは科学者としてやってはいけないことをやっていると思います。科学者としてやってはいけないことをやっている人はたくさんいると思います。しかし、本来であれば、共同研究者や所属機関がちゃんと止めなくてはいけないのです。小保方さんは科学者として完全に終わると思います。世界の研究所でも誰も受け入れません。受け入れたとしても実験させずパンダにするだけでしょう。小保方さんが気の毒なのは、ちょっとした実験する時によくおこる出来心でやってしまったことを正してもらえず、なおかつあんなに報道されてしまったことでしょうね。
    それにしても、収納マンが応援するとは思わなんだ~~~。日本中にたくさんそう思ってる人がいるんだなあと実感。長文失礼しました。

  3. 収納マン より:

    グリシーヌさま
    無知な私にでも分かるように大変丁寧に解説していただき、ありがとうございますm(_ _)m
    グリシーヌさんのおっしゃること、とてもよく分かります。そうでなければあんなに一方的にマスコミが総バッシングするはずがないですもんね。
    実際のところをよくご存知の方や常識のある方の多くはそれが当然のことだと思ってらっしゃるでしょうし、小保方さんを擁護しているのは、事情がよく分かっていない、もしくは単に感情論や理想論でモノを言っているような私のような人間だけかもしれません。
    教えていただいた中で「最初の報道がおかしいんです」というのが大変興味深かったのですが、私が彼女を擁護したくなる気持ちはここにあったのかもしれません。あれだけ散々持ち上げておいて、ここまで鬼の首を取ったかのように落とすのかと。期待を裏切られた気持ちから来るのはもちろん分かりますが、じゃあ記者会見のときのメイクがどうだったとか、それは私が見た報道の一部にすぎないと思いますけど、そういうのは正しい報道の在り方なのかと(正確に言えば私が見たのは報道番組ではなくバラエティー番組でしたので、面白おかしく嬉々として司会者やコメンテーターが話すのは当然なのかもしれませんが)。
    論理をすり替えてしまっているかもしれませんが、小保方さんも人間なのですからあんなに叩いてしまったら精神的にもたないと思うのです。もちろん裏を返して言えばそういう仕打ちを受けるに値するほどの罪を犯したのだという世間の認識があるのでしょうが。
    もし何かあったとしても、それは理研という組織の責任であったり、そうなってもそれは身から出た錆という結論で終わるのでしょうか。
    スティーブ・ジョブズも人間性には欠陥があったという意見がありますし、私の知っている限りで言えば、偉大な成果を出した人はほとんどが非常識な面を持っているように思います。小保方さんもそういうタイプじゃないのかな、というのはもちろん私の希望的観測に過ぎないのかもしれませんが。やっぱり、今回の研究成果は眉唾物であり、彼女は少なくとも学会から抹殺される運命なんでしょうかねー・・・?

  4. グリシーヌ より:

    最初の報道はどう考えたっておかしいでしょ?ノーベル賞受賞者の中山教授だってその内容の論文がネイチャーかサイエンスに載ってると思いますが、その時こんな報道ありました?あるわけないんです。普通はこんなこと発見しました!他の人もできました!までがセットなんですよ。発見したことの信憑性の高さが雑誌の権威なんではありますが、それはまだ発表しただけなんです。みんなができましたで仕上がりなんです。クローンの時もそうだったでしょ?できた~できない~ってやってたじゃないですか。
    小保方さんはここまでやられる事をしたか?それはしてないと思います。通常なら上記のように報道されません。何でここまで報道されたのかが謎で、それには理化学研究所が関与していたかもしれません。理化学研究所だって普通こんな会見はしません。でもやった。謎です。その結果とてつもない恥で、共同研究者も信用失墜もいいところです。
    研究者の人間性の欠点は別に良くあることで、野口英世だって、他の人がやってる実験がじゃまで捨てちゃって、何で捨てたのか聞くと、お前の実験俺のより価値があるのか!っと平然といいったそうですが、そんな人はいっぱいいます。むしろそういう人が発見したりします。だからこそ結果が重要なんです。
    上記のカレーを何千万使って、何年もかかって作るアホはいませんから、カレーができない証明はできないんですが、そのレシピをできるできると言う人に何千万も税金渡したいですか?
    今回の研究発表は私の意見ではよくよくよくある眉唾でしょうね。抹殺されるかは、これだけ政治的にうまくやられると、結構同情票がめんどくさいから、本人が辞めてくれるといいな~なんて思ってるじゃないかなぁ

  5. 収納マン より:

    グリシーヌさま
    なるほどなるほど、確かにその通りですね。
    補助金の件なども含め、確かに政治的な配慮がはたらいていた部分もあるでしょうね。
    また、そのような思惑に踊らされた部分や、素人が何も分からずに過剰に反応したり期待した部分も大きかったでしょうね。
    野口英世の件は思わず笑ってしまいました(笑)やっぱり何とかと天才は紙一重ですかね。
    それにしてもグリシーヌさんのおかげで大変勉強になりました。ありがとうございます。
    自分の無知を恥じるばかりですが、それもこうして発信した結果であって、それはそれで良かったかなと思います^^;

  6. グリシーヌ より:

    今見たらノーベル賞山中教授が中山教授になってる(^^;すみません
    対象と対照の字を何度も直された私ですら、写真は間違いません(笑)
    結局話題になったのは小保方の容姿によるものなんだろうな~・・・。論文本当なら素晴らしいと褒め、ダメでも話題は取れる。騒いどけって感じですよね。
    理化学研究所はそりゃ大変
    http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_000208486

  7. 収納マン より:

    グリシーヌさま
    彼女にとっては「間違い」でしょうけど、それは世間一般には「不正」や「ねつ造」以外の何物でもないでしょう。「200回以上成功した」という表現も含め、相変わらずの彼女の言い分が更なる批判を招いているのは事実でしょうね。
    ただこれ、理事長辞任で政治的解決を図るっていうのもどうなんでしょうね。他の科学者たちの常識で考えれば小保方さんの故意または過失は明らかで、特定国立研究開発法人化を成し遂げるために理事長の首を差し上げるというのは何とも・・・。まあ、チェック体制の不備や結果的に指導が至らなかった点、あとは得点を稼ぐために小保方さんを担ぎ出したという意図があったとしたら、やはり責任を取らざるを得ないでしょうが。STAP細胞騒動、理研という組織、いずれに対しても第三者による調査が必要でしょうね。