片づかないことは良いことかもしれない

最近、自転車にハマってます。
ここ数日、ブログの更新をお休みしたのも、
新しい自転車を買ったので、その整備やサイクリングに、
限られた時間を使ってしまっているせいです(笑)
昨年の6月に電チャリを買ってその楽しさに魅了され、
先週は29インチのマウンテンバイクが届きました (*´艸`*)
YAMAHA PAS Brace L
BIANCHI JAB 29.4
以前は自転車と言えば駅前の銀行までちょっと行くのに乗るくらいで、
坂の多い地元で自転車に乗るなんてほとんど考えたこともありませんでした。
が、電チャリに乗るようになってどこでも気軽にサイクリングに行けて、
でも電チャリでは山間を走ると往復50kmくらいしか走れないので、
体力の続く限り走り続けられるマウンテンバイクを買ったんです。
先日も飛鳥の石舞台古墳まで往復70km以上走りましたが、
桜がほぼ満開で、お天気も良く、最高でしたよ (*´∀`)
学生時代は、音楽鑑賞(洋楽)、単車でのツーリングやキャンプ、
登山などが趣味でしたが、社会人になってからの趣味は「仕事」でした。
そんな私ですが、まだ初心者ながら最近は、
自転車が趣味と言えるようになりました。
まあ、単車が趣味だった頃と同じく、機械的なところをいじるんじゃなくて、
愛機に乗ってどこかに行く・・・ちょっとした冒険が好きなんですけどね(笑)
でも趣味を持つと、どうしてもモノが増えます
自転車は現在、もともと持っていた折り畳み式が1台、
それと前述の2台がありますし、パーツやウェアも増えました。
そうするとどうしても収納の問題が出てきます f(´-`;)
ひょっとすると将来的に、ロードバイクを買うかもしれないし、
まだ趣味として発展途上ですから、パーツやウェアも増えるでしょう。
そうすると今の状態で収納スペースを確立させるのも難しいわけで。
だらだらと趣味のエリアが膨張していっています(苦笑)
私がお邪魔させていただくお宅でも、趣味のモノが多かったり、
趣味とまでは言えないけれども好きなモノが多いお宅があります。
とんでもない量だったり、趣味の幅の広さに驚かされることもありますが、
収納面の問題こそあれ、素敵だなぁと思って見てきました。
だって私には趣味などなかったのですから。
ただ残念なのは、そんな時に家族の相互理解が得られないときです。
たとえば、「ウチの旦那は自転車が趣味で、何台も持っていて・・・」
なんて話になることもあるのですが、
私も自転車に乗るようになってからよく分かるようになりましたけど、
電動自転車は確かに坂道は楽で良いけど、重いし、
長距離を乗るにはバッテリーがもたない。
山道を走るにはマウンテンバイクが快適だけど、
ペダリングが軽くて長距離走行に適したロードバイクも捨てがたい。
ロードバイクにもツーリング用とレース用がありますし、
レース用は高価だから、そうすると練習用も必要です。
TPOに合わせて靴がたくさん必要なのと同じなのです。
自転車に限らず、他の趣味でもそうですよね。
カメラが趣味なら、一眼レフ、コンデジ、フィルム、冷蔵庫が必要だったり。
ゲームなら、ニンテンドーDS、3DS、Wii U、PS4、Vita、それぞれのソフト。
洋裁なら、大量の布や糸、ファスナーなどの部品、針やミシン。
お料理なら、鍋や包丁も様々なものが必要ですし、調味料だって大量。
趣味が高じれば高じるほど、モノは専門化し、増えるのです。
モノがあまり増えない趣味となると、たとえば食べ歩きや旅行など。
あとは以前の私のように仕事が趣味だったり、
片づけやインテリアが趣味というのもそうだと思います。
片づけ上手な人に言わせれば、
自転車なんてなくても良いし、あっても1人1台で十分。
カメラはスマホで事足りるし、ゲームなんてしないから不要。
服は既製品を買えば裁縫道具も必要ないし、
お料理は少ない道具と材料でもやろうと思えばできる。
もちろんそれは素晴らしい考え方ですし、
非常に合理的な趣味だと思います。
また、趣味のモノが多い人はそこから学ぶべきことも多いと思います。
それでも、趣味のモノが多くて片づかないという人は、
片づけが趣味の人と比べて別にコンプレックスを持つ必要はないのです。
よく、「置き場所を考えてからモノを買うように」なんて言われますが、
そんなルールでで自分の欲求がセーブできるなら、
それはその程度の趣味かもしれません。
私などはむしろセーブできてしまうほうなので(今のところ・笑)、
セーブできない人の熱意には尊敬の念すら抱きます。
趣味というのは基本的に無駄なものです。
釣った魚が食べられるとしても、道具や旅費などのことを考えれば、
だいたいは魚屋で買ってきた方が安いですし、
車でも所有するよりタクシーを使ったほうが安いと言われますよね。
そして収納とは、基本的に合理的なものです。
だから無駄なものである趣味と合理的な収納というのは
基本的に相反する
のですね。
人は別に、片づけるために生きているわけじゃありません。
自分が楽しんだり、人を喜ばせたりするために生きているわけです。
そういう面で言うと、趣味を楽しんでいる人は
とても良い生き方をしているわけです。
確かに片づいていない場合はその人の心の中が片づいていないこともありますが、
必ずしもみんながそういうわけじゃなくて、
豊かで、にぎやかで、活気がある象徴として、
片づいていないということがあるのも事実
です。
何事にも良い面と悪い面があるように、
片づいていないからといって悪いことばかりじゃないと私は思いますし、
仕事や片づけといった合理的な趣味の人よりも
誇れるものがあると思って良い
んじゃないでしょうか (´∀`*)
追伸:
春は気候が良いのでついつい自転車に乗ってどこかに行きたくなります。
そのため、ブログの更新が休みがちになるかもしれませんが、
あしからずご了承ください(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク