片づけで一番難しいこと・・・それは価値観の相違

我が家では、主夫である私が、週末に家族と一緒に食料品の買い出しをし、
妻は妻で自分が食べたいモノなどを買い物カゴに入れ、
一応わたしは自分で考えた献立と妻が食べたいというもので、
日々料理をしています。
また、妻は生協のカタログを見て商品を注文しますが、
集配所に商品を取りに行くのは私の仕事ながら、
基本的に私は注文に関してはノータッチ。
義母の分も一緒に注文するので、口を挟むとややこしいからです(笑)
で、先日、生協の集配所に商品をもらいに行くと、米が2袋。
 
※イメージ写真(この商品ではありません)
てっきり、ウチの分と義母宅の分だと思ってました。
我が家には既に、先日コストコで買った10kgがほぼそのままあるからです。
ところがどっこい。妻に確認すると、両方とも我が家のものだといふ。
「消費税上がるし、買っておいた方が良いと思って。」
ありがとうございます <(_ _)>
さすがは主婦の鏡。
我が家は買いだめとは無縁だったはずなのですが・・・ ┐(´ー)┌
まあでもあれですよ、私も妻のことを言えたもんじゃありません。
増税前に、着々と趣味の自転車のパーツなどを買い漁ってますから(笑)
このように、家族をコントロールするというのは並大抵ではありません。
あ、もちろん、片づけの話です。
私が子供のころ、4兄弟で私が一番ガサツでした。

脱いだパジャマは籐のチェストにグルグルポン!
母上はキッチリと畳んで入れるのが当たり前だと思っている。
でも私は引出に入れさえすればキッチリやっているつもりなのです。
どうせ、またその夜も広げて着るわけだし。
机の上も、キッチリと本やノートを積み上げておりました。
どうせまた机に向かったらそれらを広げるわけですから。
そしてそのスタンスは現在も同様です(笑)
一言で言うと、人それぞれ、価値観や考え方、基準が違うのですね。
ADHDなどの人を除いて、「出したモノを元の場所に戻せない」という人は、
基本的には本人が意識してやるしかないのですが、
家族がそのようにしてくれない場合は、
そういった価値観や考え方、基準のすり合わせというのは、
残念ながらある程度限界があります。
言っている本人ができていないのに、
家族にウルさく言っていたりするケースもありますね。
現実に、片づけで一番難しいのはこの部分です。
単身者であったり、何もしてくれないけど何も言わない家族の場合は、
そんなに難しくはないし、収納上手な家はこのパターンが実際多いです。
基本的に本人が頑張りさえすれば良いわけですから。
しかし主導権を握る人が二人以上いる場合や、
散らかしたり文句を言う人がいると難しくなります。
それは家の中に限らず、会社でもそうですよね。
家族や会社の中で、誰が正しいというわけでも、
誰が間違っているというわけでもないのが、片づけの難しいところ

家族や家族の誰かのせいにする前にまず自らのおこないを反省し、
あとはどうしてもすり合わせできない部分は
妥協も必要というところでしょうか (´・ω・`)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク