キッチンカウンターを改造→エクステンション(伸張式)テーブルに(゚∀゚) -2-

前回からの続き
別注したワークトップ(天板)が仕上がるのを待つ間に、
キッチンカウンターのキズを修理したりしてました。
些細なことなんですが、毎日使っている家具がグレードアップすることが、
私にとってはものすごく楽しみだったんです (*´艸`*)
後日、ワークトップが仕上がってきたので、
まずは寸法を確認してから折り畳み式棚受金具ネジで仮留め
折り畳み式棚受をキッチンカウンターに仮留め
ネジ穴のど真ん中にネジを留めるようにすれば、
上下左右1mm程度はあとで位置調整が可能です。
なのでとりあえずは本締めせずに3本程度を仮留め。
キッチンカウンターの左右ともに棚受金具を取り付けたら、
高さが揃っているか確認するために天板を乗せてみます
天板を棚受に乗せてみた
おおお~~~っ!! (゚∀゚)
するとやはり片側に1mm弱ほど段差が生じてしまったので
棚受金具の取り付け位置をほんの少し下にズラします
本体と天板に段差が生じたので調整
高さの修正が済んだら、天板同士のすき間を調整
(折り畳む際に少しの空間が必要なのです)
説明書では3mmを推奨していますが
今回は可能な限りすき間をなくしたいので2mmでいきます。
すき間2mm
位置が確認できたら、今度は天板をネジで仮留め
棚受けに天板を仮留め
位置などの確認がすべて済んだらネジをすべて本締めして、完成!!
エクステンションテーブル完成!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
めっちゃデカくなりましたよ!約1.5倍!(当家比)
1420×570mmが、1420×870mmに!
一般的な4人掛けのダイニングテーブルの大きさとほぼ同等です。
天板を折り畳むとこんな感じ下
天板を折り畳んだ状態
完全には垂直にはならないんですね、残念ながら。
子供が2~3才だったら躊躇したことでしょう。


2014/04/06追記:
後日確認したら、天板がちゃんと垂直に畳まれていました。
取り付けた直後は可動部がスムーズに動いていなかっただけかもしれません。
カウンター背面に対して平行になった


横から見るとこんな感じ下
横から見た状態
収納マンが座るとこんな感じ下
座ってみた状態
収納マンのso longなlegsがjust inです(爆)
たった奥行300mmですが、大変意味のある300mmですね。
その後、妻と子供たちが帰ってきて家具を見るや否や大はしゃぎ!
喜んでくれたことは言うまでもありません (*´∀`)
でもテーブルが1.5倍になって食器も並べやすくなったので、
おかずもあと1品増やさないといけないかな!? (*´д`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク