「片づけたい!」と思っている人は、ほぼもれなく頑張っている人

先日、久しぶりにトンカツを揚げました。
今回で3度目くらいかな?
だいぶ、上手になりました。
ただ、時間が掛かりすぎるのと、
キャベツの千切りが下手すぎるのが残念 (´Д`;)
(※残念ながら写真を撮る暇がありませんでした汗
そりゃあまあ、パン粉を作るところからやっていれば
時間が掛かるのは当たり前ですけれども、
それでも何だかんだで1時間半掛かるというのは、
まだまだ修行が足りないなーと痛感しますショック
トンカツだけでは寂しいので、ついでにこんなものも揚げてみました下
なんだか分かります?
揚げバナナ
一応、揚げバナナです。
この茶色い点々はというと、シナモンではありません。
トンカツを揚げたあとで油を替えずに揚げたので、
パン粉が付いてしまったのです (´Д`;)
ちょっとでも時短を、ついでに一品でも多く・・・
そんなふうに欲張った結果がこのような残念な結果です(苦笑)
はずかしー (ノ∀\*)
でも、意外と、想定以上に美味しかったです(笑)
まあそんなくだらない話はさておき、
私がお邪魔させていただくお宅でも同じような残念な結果をよく見ます。
もちろん料理のことじゃなくて、片づけのことで。
私がお邪魔させていただく、片づけで困っているお宅は、
すごく頑張っている方がほとんどです。
本人は、もっと頑張らないと、と思っていたり、
センスがないとか、ズボラだから駄目だとか、
そんな風に思っていることが多いんですけれども、
私にはまったくそんな風に思えないんですね。
バリバリ夜遅くまで仕事をしながら、
親の介護をして、子供の面倒を見て、
ペットの世話をして、ご近所付き合いや親戚付き合いも頑張って、
旦那は片づけを手伝ってくれないどころか逆に散らかす専門で、
そんな状況だからこそ時短できることは何とかしようと思って、
家事を工夫したり片づけようとしたりするのですが、
時間はないし、気力も体力も続かないし・・・
というのは、当たり前のことだと思うのです。
置かれている状況はもちろん、みな違います。
本当に結果らしい結果が何もなくて、
でも何とかしないといけないと思っている人。
他人から見れば「残念な人」です。
でも、実はそういう状況が一番しんどかったりするものです。
最近、弱音吐いてますか?
自分では弱音を吐いてばかりのように思えて、
案外、自分に対して言っているだけで、
他人には一言も弱音を吐いていないときが多いものです。
片づけで困っている人は、ほぼ間違いなく頑張り屋さんです。
それは私の経験上、間違いない事実です。
だから、無理しないで。
言いたいことはハッキリ言っちゃったほうが楽だと思います (*´∀`)
世の中、やったもん勝ち、言ったもん勝ちですよ (*^m^*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク