鏡面塗装のキッチンカウンターのキズを補修

先日から我が家のキッチンカウンタースライドレールを交換したり、
引出の底が抜けたのを修理したりしておりますが、
手を掛けてやるようになるとキズが少し気になるようになりました
今まではまったく気にならなかったのに、
気になると仕方がなくなるものですね~。
これってひょっとして、「愛」でしょうか? (* ´艸`)
冗談はさておき、キズの修理とは言っても再塗装は難しすぎるので、
補修ペンでお化粧してやることにしました。

定番のニッペ・木工家具補修マーカーですね。
木目の家具だったら水性のほうが扱いやすいのですが、
今回はホワイトの鏡面塗装のワークトップなので油性にしました。
キッチンカウンターの天板縁before ⇒ キッチンカウンターの天板縁after
天板の縁の部分。
光の加減もありますが、二度塗りすればパッと見た目にはまったく目立ちません。
家電収納部before ⇒ 家電収納部after
家電収納部のスライドテーブル前板。
ここは炊飯器を出し入れしたりするのでキズだらけでした(苦笑)
バックボードbefore ⇒ バックボードafter
バックパネル(背面化粧板)はセロテープでひらがな表などを貼っていたせいで、
結構あちこちプリント紙が剥がれてしまっていましたが
(というか、こんなところに貼るなんて信じられませんでした・泣)、
多少は目立たなくなりました。
我が家に来て10年になる家具。
化粧直しができてますます愛着がわきます (*´艸`*)
来週か再来週にはさらにリニューアルする計画です! (*^m^*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク