日本フクラ(HUKLA)大阪ショールームに突撃取材して参りました(゚∀゚) -1-

昨年のこと。
米アップルの本社にまで行ってしまったという、
「アップル信者」の女性とお話をする機会がありました。
彼女のアップル社、アップル製品に対する熱い想い・・・。
ただ何となくiPhoneを使っているだけの私などは
ただただその語りにうなずくばかりでした。

そんなわけで、当然、私も他の方々も、
彼女のケータイはiPhoneであると思い込んでいたのですが、
聞いてみたところ、キャリアがドコモなので、
他社製のものを使っているとのこと。
「まあそれは仕方ないよね・・・まだドコモからは出たばかりだもの。
じゃあ、パソコンはやっぱり、Airかな?」
すると彼女の答えは「No」。
パソコンは今は持っていないそうです。
「なーんだ、じゃあiPadユーザーかぁ!」
ところがどっこい、iPadも持っていないということで、
一同、「なんでやねん!!」と激しくツッコミ! (*´□`)/
大爆笑となったのは言うまでもありません(爆)
前置きが長くなりましたが、実は私もそれを笑えた立場ではありません。
今回、取材させていただくことになった日本フクラは、
ソファーのメーカーなのですが、
私は10数年前にフクラのソファーの座り心地とデザインに惚れてしまい、
「将来、買うとしたら絶対にフクラのソファー!」と決めながら、
未だ購入に至っておりません。
そう・・・つまり、アップル製品を持たないアップル信者のように、
私はフクラ製品を持たないフクラ信者なのです f(´-`;)
そんな、何だか情けないフクラ信者の私ですが(苦笑)、
なぜフクラのソファーがそこまで私を虜にしてしまったのか?
私は家具メーカーに勤務していた当時、
週末は家具販売店にいわゆる応援販売に行くことが多く、
お客様の姿が見えないときには店頭の他社製品をじっくりと観察し、
ソファーなども当然、片っ端から座り比べておりました。
「門前の小僧、習わぬ経を読む」などと申しますが、
そうすると私のような馬鹿でもソファーの違いというのが少しは分かるものです。
すると、言葉で言い表すのは大変難しいのですが、
フクラのソファーは他とはちょっと違うのです。
当時のフクラのソファーは、硬めなのに硬くない。
すっぽりと包まれるような感覚。安心感がある。
手触りの良い、上質な張地(布)。
デザインはinnovator(イノベーター)ほどカジュアルすぎることなく、
コスガのような華やかさがあるというよりはスマートな感じ。
(当時イノベーターを扱っていた村田合同もコスガも倒産)
そんな説明ではちっともフクラの良さが伝わらないと思いますが、
とにかく当時も今も、私は「ソファーを買うならフクラ!」なのであり、
フクラのソファーに合うリビングルームを作るのが夢なのです!
そんな、魅惑のソファー・ブランド「フクラ(HUKLA)」
突然、私の中で「中の人に話を聞いてみたい!」という思いが湧いてきて、
思い切って日本フクラの大阪営業所に電話してみました。
最初は「いったい、何が目的ですか?」といぶかしがられましたが(苦笑)、
事情を説明するとご快諾いただくことができました。
というわけで、次回、いよいよ日本フクラ・大阪ショールームに突入です!
日本フクラ大阪ショールーム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク