学習机の購入時期について調べてみた(゚∀゚)

今日も息子のママ友から「机、買ったよ~。」と報告があったんですが、
私の周りでは、年が明けてから学習机を買った人が多いように感じます。
私自身はもともと首都圏の家具量販店に出入りしていましたので、
それに比べると関西のほうはゆっくりな印象があったんですが、
ここ最近はむしろ購入時期が二極化しているように感じていました。
早い人とゆっくりな人で極端に分かれるということですね。
そこで、その感触をデータで確認したいと思い、
アクセス解析から、いつ購入するのかを探ってみました。
解析対象:当ブログ(収納教える.コム
解析期間:(直近1年間)2013/02/01~2014/01/31
     (その前の1年間)2012/02/01~2013/01/31
解析対象デバイス:パソコン
解析キーワード:学習机(複数キーワード含む)
アクセス解析の結果
最近はスマートフォンからのアクセスがパソコンからのアクセスと同程度ある上、
googleの検索エンジンアルゴリズム(≒検索結果ページの表示順位)も
日々進化していますので、これらのデータだけでは不十分な上に、
検索されて当ブログにアクセスしてきた人が
すなわち学習机を購入しているわけでもないので、
大雑把なことしか分からないのですが、
だいたい、なんとなく、購入時期が読み取れるのではないかと思います。
上記のグラフを解析した限り、
学習机のことを調べるのはお盆明けから、小学校の入学式まで
帰省した実家で「来年は小学生だね~。」なんて話になり、
スポンサーの承諾を得てから調べ始める、というところでしょうか。
そして、9月に入るとともに第1の波に突入
この時期は高級モデルが売れると言われています。
そして12月に入ると、忙しいからか、
目先はクリスマスに向いているためか、
しばらく動向が落ち着きます。
そして正月明け前から第2の波が爆発
2月10日くらいまで続くこととなります。
ちなみにこの時期はバリューモデルが売れ筋と言われています。
グラフをパッと見ると、ピークは第2波の1月なのですが、
この波はたった1ヶ月で打ち上げ花火のように終わります

他方、第1波は1月に比べれば穏やかですが、
3ヶ月程度続くことになります

またこの結果からは、どの時期に購入するのが良いのかまでは
知ることはできないのですが、
実際にいつ買うかどうかは別として、
早めに検討したほうが良いであろうことが推測されます
(特に首都圏の場合、1月の学習机売場はまるで戦場ですからね・苦笑)
もう学習机を買った人のほうが多いとは思いますが、
例年通りであれば、次の週末(2/8、2/9)が最後の山になりそうですね
当然、お店のほうも分かっていることだと思うので、
まだの方はチャンスかもしれません (・∀<)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ふか より:

    ブログ楽しみに拝見し、参考にさせていただいています。
    教えていただきたいのですが、
    家具メーカーのオリジナル限定品というのは、
    おすすめですか?
    メーカーのカタログに載っている
    同じように思えるランクのものと比べると
    値段が安いように思います。
    今、島忠のオリジナルが組み換えデスク型ナラ突板が
    チラシで69800円→59800円と。
    レイクウッドを第一候補に検討していただけに
    値段がこちらが安いので、迷いが出てきました。
    答えていただける範囲で結構ですので、
    気を付ける点やチェックする点を教えていただけないでしょうか?

  2. 収納マン より:

    ふかさま
    こんにちは!
    コイズミ・組みかえ型デスク 限定モデル ODM(653-WT)のことですかね?
    ハッキリ言ってこの価格帯で1万円引きというのは元値から言うとかなりお得です。ただしオリジナル商品はもともと価格がカタログ商品を値引きするよりも高めの設定であることが多いです。
    このODMから始まる品番は一昔前からの標準的な学習机のデザインで、売場に置いていてもあまり目立ちません。コイズミの地域オリジナル商品として多くの家具店で採用されています。デザイン的にも機能的にも目立たないので、ここ数年、売れ残りが中堅家具店で安く販売されているのを見かけます。(ただし地域オリジナルのため島忠の商品が流れてきたとは必ずしも言えません)
    私の記憶が正しければ、島忠のODMシリーズは引出内部材が白塗りのファルカタで、サイズ的にもコイズミのCDファーストとほぼ同じ仕様です(棚の高さが若干低いですが)。
    しかしCDファーストの天板がMDFダイレクトプリントなのに対し、こちらはナラ突板です。今日現在、楽天市場でCDファーストの価格を見ると最安値が55,440円からですから、ナラ突板で59,800円というのはなかなか良い価格だと思います。棚が低いことも合わせて考えると、コストパフォーマンスとしては安いと言えるほどのことはないです。
    一方、レイクウッドとの比較となると、どのモデルか分からないので価格的な比較はできませんが、共通仕様で言えば、まず、天板はアルダー無垢ですので硬さだけで言えばナラ突板のほうが硬いですよね。
    引出内部材はレイクウッドはファルカタなのでこっちのほうが良いでしょう。
    あとはやっぱりデザイン面の違いでしょう。これはお金には代えがたい部分がありますよね。

  3. りお より:

    はじめまして。
    今更ですがダブル2トップ4社で迷った末、デスクランドさんの値引きが良かったので浜本工芸のNo.0686デスクとブックスタンド110cm幅で注文しようと決めたはずが(移動袖は息子A、私Cと意見が割れています)ふと疑問が生じてまた迷ってしまい、アドバイスを頂きたく過去記事ですがコメント致します。
    ライトはコイズミのECL-359のつもりが、ライトやアームが干渉してブックスタンドの半分くらいしか本が置けない、もしくはライト付近に置いても出し入れしにくいように思えてきました。
    もしそうであれば、ライトをやや小ぶりの山田照明Z-10にするか、ブックスタンドを60cm幅に変更してスッキリさせるか(固定できないデメリットがありますが)と考えています。
    ちなみにバックパネルは考えておりません。
    収納マン様はどう思われますか?
    宜しくお願い致します。

  4. 収納マン より:

    りおさま
    はじめまして^^
    デスクランド、行かれましたか~(笑)
    浜本工芸No.8406ブックスタンド[110]にコイズミECL-359をセットした場合ですね。
    私はこの組み合わせを実際に見たことはないのですが、コイズミのカタログのデコプリのトップの写真が参考になるでしょうか(あとはレイクウッドのUnit-L)。それほど邪魔になるとは思えませんが、支柱を垂直に近い状態で使わないとブックスタンドの収納量が減るというのは、こういうアーム形状ではどれも同じことが言えるでしょうね。
    また、ECL-359はシェードも大きいので確かに邪魔ですが、これは学習環境として優れた照明を手に入れるためには致し方なしでしょうか。
    いずれにしてもブックスタンドにはあまり合理性を求めないほうが良いのかもしれません。私が今までにお邪魔したお得でもほとんどが半分くらいは好きなモノを飾る場所になっています。成長すればそのうち外してしまう可能性もあります。
    大事なのは学習環境としての照明か、デザインか、コストか、将来性か、お子さんの好みか、親の思いやりか。どこに重きを置くかで選ぶものが変わってくると思います。ですのでどれを選択しても正解だと思いますよ^^

  5. りお より:

    収納マン様
    早速のご回答有難うございました。
    デコプリの画像を参考に、ブックスタンドは110cmで注文しました。
    4月納品でも現行価格ベースの割引、デスクマット付、エリア外配送も快く引き受けて下さり、デスクランドさんの対応に満足です!
    素敵なお店を紹介して下さり有難うございました。
    思い切って兄弟二人分、でも腎臓も大事という訳で、他の買い物を諦めることになりましたが(笑)
    ライト再考にあたりもう一点教えて頂きたいのですが、浜本工芸カタログ掲載のライトZ-10とC3650Wでは、後者の方が小ぶりなのに明るい範囲が広いのでしょうか?
    照度分布図を見て気になってしまい、お尋ねする次第です。
    最優先は学習環境なので、息子も気に入っているECL-359でほぼ決まりですが。
    ちなみに収納マン様効果か、ECL-357は完売だそうです!
    どうぞ宜しくお願い致します。

  6. 収納マン より:

    りおさま
    デスクランドで買えて、、ブックスタンドも決まって、腎臓も無事で(笑)、良かったですね♪
    デスクライトZ-10とC3650Wですけど、調べてみたところwebではC3650Wの仕様が分からなかったんですが、Z-10は12.7WのLED1灯式なんですね。で、C3650WのほうはZ-10に比べると直下照度がやや低い一方で全体的にZ-10より明るいので、数字から見ると多灯式LEDを採用しているんじゃないでしょうか?たぶん、3灯×4Wくらいなんじゃないかなと思います。Z-10は2012年度あたりからありますが、C3650Wは2014年度の新しいモデルですから、技術的に進歩しているんじゃないでしょうかね?あくまで推測ですが。
    コイズミECL-357完売ですか!私がプッシュしている影響は軽微だと思いますが(笑)、やっぱりこうやって完売モデルが出るくらいじゃないと学習机市場も盛り上がりませんよね~^^

  7. 二児の母 より:

    はじめまして。
    学習机を購入してつい先日届きましたが、本当にがっかりいたしました…
    No.84を買ったのですが、
    鉛筆のかすやゴミが天板と脚の間にある溝に
    入ってしまうと取れません。
    これが学習机としての設計なのか、、、と
    使ってみないとわからないですね。
    他のモデルは机にそんな溝はないようなので
    他のモデルにすればよかったと後悔です。
    他の方には後悔して欲しくないので、
    一応こんなこともあり選ぶポイントになればと思います。

  8. 収納マン より:

    二児の母さま
    はじめまして^^
    せっかく楽しみにしていた机が残念なことに・・・心中お察しします。
    No.84デスク(浜本工芸ですよね?)はNo.75デスクの天板を固定したようなデザインなので、天板の側面に脚が付いたようなこの形状は、機能性ではなくてあくまでデザインでこうなっているわけですよね。
    で、これは皇室献上モデルなので来年度もおそらくこのデザインを変更してくることはないでしょう。よって、二児の母さんと同じような後悔をする方も出てくる可能性があるということですね。
    浜本工芸の先の献上モデルであるNo.54デスクでも、前面アール形状がために鉛筆が落ちやすいとか、引出が3つに分かれていることで使いにくいとか、そういう声はあるようです。デザインの個性と使い勝手は相反するところがあるようで、気を付けたほうが良いのかもしれませんね。
    改めまして、コメントありがとうございます。二児の母さんとお子様にとっては残念でしたが、良かった話よりもこういう話のほうがむしろこれから購入される方にとっては有意義だと思います。
    あとはメーカーさんにも伝わると良いのですが・・・。

  9. 二児の母 より:

    否定的なコメントでしたのに、
    温かいお言葉頂けて嬉しいです。
    改めて、収納マンさんの学習机を選ばれる基準はさすが子供達の目線であることがよくわかりました。
    親はデザインを重視してしまいつい皇室献上モデルであることに安心し切っていました。
    やはり、一番は子供達の使いやすいものでなくてはいけないということを改めて痛感しました!
    本当に消費者にとっては神のようなブログです。
    これからも続けてください!
    ちなみに下の子供には学習机としての机を選びたいとおもいます!
    ただ浜本さんの質感は惚れ惚れします。
    以前にブログ記事になっていましたが、
    引き出しの木目が揃っていたりするところは本当に素敵です。
    気を取り直して!
    他の皆様に納得いく満足いく素敵な机を選んでいただきたいです。

  10. 収納マン より:

    二児の母さま
    否定的なコメントだなんて・・・商品に対してお気付きの点をお聞かせいただいただけで、私自身を否定されたわけではないものと理解していますから・・・ただ、浜本工芸を推奨する立場としてはもう少し配慮があっても良かったかとは反省しております、ハイ。
    また、神のようなブログなんて、ありがたくももったいないお言葉を頂戴し、大変恐縮でございます^^;素人に毛が生えたようなもので、見当違いの発言も多いのにお恥ずかしい限りです。でもそのように喜んでくださる方がいる限り、ライフワークとしてこれからもできる限り頑張って続けていこうと思います^^
    引出の木目が揃っていたのはラッキーでしたね!必ずしも揃っているわけではないようなので、二児の母さんもお子さんもやっぱり良い机にめぐり会えたのだと思います。これからきっとお子さんにとって良き相棒となってくれるでしょう♪
    ありがとうございました^^

  11. カメ子 より:

    はじめまして!
    最近になって学習机を探し始めた者です。
    今こちらのサイトを熟読中です。
    机を買う前にたどり着けて嬉しいです。
    この時期になると学習机の売り出し期間としては終りの方みたいで、展示場に行くと「展示品を処分価格でいかがですか?」とお誘いをうけることがあります。
    この、展示品の処分価格、というのに惹かれてしまうのですが、収納マンさんならどれくらいの割引率だったらお得だと感じられますか?その展示品の状態にもよると思いますが、足まわりに小傷はあっても比較的きれいな状態で、という前提でお話をしていただけないでしょうか?
    カリモクさん、浜松工芸さんは定価が高めなので、展示品処分価格、といわれるとときめいてしまいます。
    どれぐらいが相場なのかもわからず迷っています。
    よろしくお願いします。

  12. 収納マン より:

    カメ子さま
    はじめまして^^
    展示品処分の際の割引ですが、まあそもそもはそのお店の売価設定次第だと思います。たとえば通常は10%引きだったら多めに割引できるでしょうが、通常でももっと引くお店の場合は気持ち程度の割引しかできないでしょうね。
    いずれにせよ、お店が安くしてでも売ってしまいたい商品かどうかというのが大きなポイントになります。カメ子さんには残念なお話かもしれませんが、特にこの時期、どうしても入学までに間に合わせたい、でもいまメーカーに在庫がなくて入荷が6月頃になる、という風になりがちなのがカリモクや浜本工芸です。ですので、基本的にはお店は安くしないでも売れると思っています。展示品でも構わないからすぐに欲しいというお客さんがいますし、そこはやっぱりプロですから「取り寄せとなると木目がお気に召さないことがありますが、展示品なら実物を確認したうえでご購入いただけます」なんていう具合に言うのですね。
    まあそんなわけで、展示品だからと言ってもカリモクや浜本工芸の場合は1割とか1万円とか引いてくれることはほとんどないと思います。基本的に家具メーカーは通年生産(シーズンものではないという扱い)のため急いで売らないといけない理由もないわけで、お店もメーカーも割りと悠長に構えていられます。学習机の売場を縮小する際には一番最後まで残しておきたい部類なわけですね。少なくとも、入学式が済むまではお店も必死に売って処分する理由がありませんし、入学式が済んだところで大幅に安くなるような商品でもない、というのが実際のところだと思います。

  13. カメ子 より:

    教えていただき、ありがとうございます。
    そうなんですね。
    納品が遅くなってもいいとして新品を購入するのも、展示品を購入するのも価格的にはあまり変わらないのですね。
    木目の具合など、実物を見て、それがそのまま来る。展示処分品に出会えたのも何かの縁かもしれないし、そうでないかもしれない。これだ!とピンと来たのなら買うのも良いのでしょうね。
    気になっているのは浜本工芸さんの学習机です。
    調べてみましたら、ネット上の価格交渉可能なお店の割引後価格と展示処分品の価格が5%も変わりませんでした。
    もう少し、考えてみます。
    収納マンさんにプロの情報をいただけてすごく参考になりました。ありがとうございました。
    あと一つ、教えていただけないでしょうか?
    ライトなんですが、浜本工芸さんのC3762というお品は浜本工芸さんのみでしか取り扱いはないのでしょうか?
    机選び、結構楽しいですね。
    もっと早い時期に動けばよかったと後悔しています。

  14. 収納マン より:

    カメ子さま
    お店によっても異なるとは思いますが、まあだいたいそんなところでしょうね。
    浜本工芸のデスクライトC3762は、私の知る限りでは浜本工芸以外では扱っていないようですね。ですからあまり値引は期待できないのですが、調色機能はないものの、実用的かつ比較的デザインが良いものです。それよりも学習机に適したものとなればコイズミのECL-357がオススメですし、逆に全体のデザインや予算重視となると山田照明のZ-10などになるかと思います。
    ご入学に間に合わせようとすると厳しいですが、一昔前と違って近年は人気商品の奪い合いになるようなことはありません。これから10年以上も付き合っていくであろうものですから、焦らずじっくり選んで、「ピン!」とくるものを買っていただければと思います^^

  15. 二児の母 より:

    割り込んですみません。
    浜本さんも、2014年の机の受注は
    三月十日まで、
    それまでの注文が生産可能のようです。
    プチ情報です!

  16. 収納マン より:

    二児の母さま
    ありがとうございます^^
    浜本工芸の2014年度デスクの受注は3/10まで!?
    そういうラインの組み方をするようなメーカーではないように思うのですが、受注が多すぎて現場が混乱しているのでしょうかねぇ?
    とにもかくにも、まだこれから浜本工芸の学習机を購入しようと考えている方は、お店に確認したほうが良いですね!
    二児の母さん、わざわざ教えていただき、感謝です♪

  17. カメ子 より:

    相談にのってくださり、ありがとうございます。
    収納マンさんのおすすめライト、コイズミのECL-357はデザイン、機能、お値段とかなり良いのですが、収納マンさんのおすすめによるためか、ほとんど完売のようです。やはり良いものはみんな欲しくなるんでしょうね。
    浜本工芸さんのライトは、展示品販売のセットの中に入っていたのでいかがなものか相談させていただきました。
    ここにきてかなり迷っています。
    二児の母さま、情報をありがとうございます。
    申し込みに期限があることを知り、焦り始めました。
    ドキドキです。決まりましたら、報告させてください。

  18. 収納マン より:

    カメ子さま
    ホント、金額もサイズも大きな買い物ですから、ドキドキしますよね^^;
    コイズミのデスクライトは基本的に単品で販売することはあまり想定していないのでそもそも少ないのでしょう。
    でも昔だったら片っ端から家具屋をハシゴして探すところが、今はネットがあるおかげでいろんな情報が入って便利ですね。
    またご報告いただけると嬉しいです^^

  19. 二児の母 より:

    混乱させてしまって申し訳ございません。
    現在在庫のない商品の生産分は3月10日期限という事でした。
    現在いろいろと欠品していましたので
    在庫なしの商品で欲しいものがある方は3月10日生産分まで受注が可能という事のようです。
    こちら関東圏ですのでもしかしたらそのような背景もあるのかもしれません。
    最終生産はいつもの年ですともっと早い時期(2月)だという事でした。
    今年は雪の影響と消費税アップの影響で
    この時期までのばし田といお話を伺いましたよ。
    カメ子様、一度お店にご確認してみてください!

  20. 収納マン より:

    二児の母さま
    わざわざご丁寧にありがとうございます^^
    私もメーカーに確認してみようかと思いましたが、それをしたところで、メーカーのほうも状況が刻一刻と変わるでしょうから、私が確認した結果をここに書いたりすると混乱させてしまいかねないという考えから敢えてそこまではしませんでした。
    二児の母さん、詳しく教えてくれてありがとうございます^^
    まだ学習机をご購入でない方は、浜本工芸もそれ以外のメーカーでも、お早めに販売店またはメーカーに確認していただいたほうが良いでしょうね!

  21. カメ子 より:

    ご報告です!
    買ってしまいました。
    浜本工芸さんの学習机NO.0684とNO.0604移動袖A、バックパネルNO.0604、デスクライトC3762にカリモクさんの椅子クレシェ。
    お揃いが良いだろうと、ライト以外は8歳と3歳の姉妹分2セット。妹は入学時期に新しいおすすめのライトを買おうと思っています。
    3歳の妹が何をするかわからない、ということでデスクマットは純正品を。
    少しでも安くしたかったのでネットでも見積もりをしていたのですが、夫が地元のお店で買った方が安心だと主張し地元のお店で、、、。差額数万円。総額にもヒェー、と思いましたが、お金の感覚はなくなってしまいました。後は届くのを待つのみです。
    普段質素な生活をしているだけにちょっと興奮したメールになっています。
    色々と相談に乗ってくださりありがとうございました。

  22. 収納マン より:

    カメ子さま
    すごーい!(@_@)そのセット、2セットご購入ですか!
    高ければ良いってもんじゃないですけど、お嬢さん方は本当に幸せですね~^^
    あとは届くのがすごく楽しみですね!
    私も浜本工芸の机が1台買えそうなくらいの自転車が4月に届くので楽しみなんですけど、これ届いても嬉しいのは私だけですからね^^;
    その点、学習机が届くと、家族全員がハッピー!想像するだけで顔がほころびますね^^