子供部屋の模様替え後・・・まさかまさかの、息子まで片づけに開眼!?w(°o°;)w

子供部屋の模様替えは短い時間でとりあえず済ませてしまい、
その後も忙しくて手を付けられないままだったのですが、
家族の中ではもっとも散らかしがちな息子(5歳)が、
驚くべきことに、自分なりに片づけちゃいました! (≧▽≦)
before → after
before             after
※写真右の机と棚が息子のスペースです
棚の足元にトミカ・でるでるバケツが増えているんですが(笑)、
それはともかくとして、どこが変わっているでしょうか?
答えは・・・
before(違い) → after(違い)
before             after
上にあったトミカの立体駐車場が、
下にあったレンジャーキー・スーパー戦隊ロボと入れ替わっただけ。
ですが、これはスゴイことなのです。
息子はトミカが大好きで、
たまにトミカの立体駐車場をママに下ろしてもらって遊ぶのが大好きでした。
一方でスーパー戦隊も大好きなのですが、
このオモチャに関してはあまり遊んでいませんでした。
(そもそもトミカの立体駐車場が
 なぜ息子の手の届かないところにあるかと言うと・・・
 これは私にもよく分かりません。
 買ったときは息子の手の届くところに置きましたが、
 妻が上に上げてしまってそのままになっていたのです。)
息子は自分で使用頻度または優先度という概念を理解して
(おそらくはロジックではなく感覚的に)、
トミカの立体駐車場がもっと手の届きやすい場所にあったほうが良い、
使用頻度の低いスーパー戦隊ロボに手が届きにくくなることは仕方ない、
ということを悟って、そのようにしたのです。
そしてそれ以降、机と棚の間に入り込んで、
今まで以上にトミカワールドを満喫しています(笑)
片づけは得てして見た目の変化に囚われがちです。
逆に、このようなパッと見た目に分からない変化は
他人にはどうでも良いことのように思えてしまいます

しかし、私が思うに、こっちのほうがもっと大切なのです。
そして、それ以上に、息子がそのことを自分で発見して、
行動に移したということは本当にスゴイこと
だと思います (ノω`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. カープ女子 より:

    模様替え一連の記事、面白くて読んでいてとまりません^_^

    このような息子さんの行動の変化を敏感に見てとれる収納マンさんは本当に素敵なパパさんですね。
    ご自身は整理整頓のプロでありながら、お子様にはそれを押し付けず、見守っておられる、その自然体を見習いたいと切に思いました。

    悲しいながら、現実は二人の小学生の息子にこまごまと注意してばかりの毎日に自己嫌悪ですが。

    5年ほど前の記事ということは長女さんはもう中学生?息子さんも高学年くらいですよね。最近でもこの背面レイアウトなんでしょうか?棚の奥行きは30センチくらいにみえますが、椅子に座って背中と書棚ギリギリなかんじですが、どうなんでしょう?

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      > ご自身は整理整頓のプロでありながら、お子様にはそれを押し付けず、見守っておられる、その自然体を見習いたいと切に思いました。

      これはちょっと買いかぶりすぎで、実際は妻がやったことに口を挟めないだけです(*_*)

      でもまあ、本当は「こうしたほうが良いんじゃない?」と言ってみたり、勝手に片づけたくなることはあります。
      しかしながら、机周りは子供の城ですから、私が手や口を出すことは子供たちのプライバシーを侵害し、気分を害することだと思うので、基本的に触れないようにしています。

      「学習机評論家のオススメ」でもほとんど写真が登場しないのは、子供たちのプライバシーに配慮してのことです。
      同級生の目に留まってアレコレ言われたら可哀そうですからね^^;

      娘は現在中学3年生、息子は小学6年生です。
      現在もこのレイアウトで、IKEAのイーヴァルは奥行30cm、デスクは奥行60cm、その間のスペースはワゴンをギリギリ引き出せる幅45cm程度です。
      背もたれのないバランススタディだからこそ実現できる省スペース性と言えるでしょう。

      一般的には狭苦しく感じるスペースだと思いますが、二人とも狭いところのほうが落ち着くようです。
      特に息子は、ベッドやタンスのすき間など、もっと狭いところに入り込んでいることも少なくないです^^

  2. カープ女子 より:

    奥行き30センチでもランドセル横置きできるんですね!
    すぐ近所に無印があるので、書棚その他小物などは、サイズが合えば便利な無印で揃えたいなぁと思っています。

    お子様のデスクはどちらの商品ですか?

    背面書棚レイアウトがその省スペースで実現できるなんてすごいですね!バランスチェアは収納マンさんのブログで初めて知りましたが、背もたれなくて不安定ではないのでしょうか?そして中学生でも(大人でも?!)使えるんですね。気になってきました。ホームセンターとかにも置いているのでしょうか?

    背面レイアウトだと回転チェアが便利かと思うのですが、先日売り場で座ったまま後ろ向きになろうと思ったところ、背もたれがデスク手前の端にあたってしまい、かなり椅子を下げなければ回転できないことに気づきました。背もたれがデスク下に収まる回転チェアがあればよいですが。。。

    ちなみにバランスチェアの場合は座ったまま後ろに向けるのでしょうか?

    • 収納マン より:

      カープ女子さま

      奥行30cmあれば、肩紐は少しハミ出したりしますけど、ランドセルは横置きできますね。
      今はモノが増えたし、子供も力があるので、デスク横のフックにランドセルを掛けていますが。
      ちなみに、奥行35cmあれば、ランドセルの開口部を手前に向けて収納することができます。

      ウチの子供たちの学習机は浜本工芸のものです。

      【参考】浜本工芸のデスク、買いました♪

      と言っても、当時10万円を切る一番安いモデルですが^^;

      國新産業のバランススタディは基本的に身長130cm程度から大人まで使えます。
      背もたれ付きのものもありますが、個人的にはないほうが座りやすいように思います。
      正座をルーツに作られているので、背もたれは別に必要ないんですよ。

      バランススタディは一部の大手家具販売店(IDC大塚家具など)でご覧いただけます。
      ホームセンターでは取り扱いがありませんが、似たようなものは一部の家具販売店でも扱っていると思います。

      背面書棚レイアウトで回転チェアを使用する場合は、お子さんの足が床に着かないと厳しいかもしれませんね。
      背もたれが邪魔にならないようにしようと思ったら、背もたれナシのキャスター付きスツールみたいな感じになると思います。

      ちなみに、バランススタディは座ったままでもそれなりに後ろを向くことができます。
      ただし、完全に後ろを振り返るには、ひざ置きから足を下ろす必要があります。