『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

やっぱり包丁も人間も研がないと!ψ(`∇´)ψ

我が家の包丁はあまりよく切れません。
買ってから一度も研いでなかったからです。
刃のこぼれた包丁
そこで包丁研ぎ器を使って研ぐも、逆に刃がこぼれてしまって、
実家に砥石を借りに行こうと思いつつも、はや4ヶ月・・・あせあせ
その間、何度も実家に足を運んでいるにもかかわらずです。
このままではダメだと思い、貝印のコンビ砥石セット を購入。
貝印 コンビ砥石セット(#400・#1000) AP0305
これ、なかなか良くできていて、周りがあまり汚れません
しかも荒砥石と中仕上砥石が表裏でセットになっているので合理的
水を足すのも容易です。
ただ難点を言えば、滑り止めのゴム足はあまり十分ではなく、
研いでいるとちょっとずつズレていってしまいますが、
それはやはり耐久性とのトレードオフでしょうか。
刃がこぼれてしまっていたため、予想以上に時間が掛かりました
荒砥石で研ぐこと約40分。
ようやく、刃が元通りになり、さらに中仕上で約10分。
研いだあとの包丁
包丁を研ぐのは20年ぶりくらいということもあり、
ちょっと不満の残る仕上がりではありますが、
夕食を作らなければならないのでこれにて一応終了。
早速、野菜を切ってみると・・・切れる、切れる! (゜▽゜*)
本当によく切れるようになりました!
ですが掛かった時間や砥石の置き場所のことを考えると、
やっぱり刃がこぼれた包丁は金物屋で研いでもらうのが一番かと。
それとやっぱり、日頃から丁寧に使い、
たまにはメンテナンスする習慣を付けないといけません
ね。
このへんは、掃除や片づけにも似ていると思います。
また包丁と同様、人間も切れが悪くなったら研がないといけません。
片づけが前に進まなくなったら、自分の刃を研ぐことも必要かと。
大阪・難波では3/4に収納マン主催の10年ぶりのセミナーがございます。
ぜひお気軽に刃を研ぎに来てください (´▽`*)
⇒ 3/4(火)@大阪・難波 シンプルに暮らし隊・開講記念セミナー
! 砥石はご用意しておりません、悪しからず ∵ゞ(≧ε≦o)

コメント