学習机評論家が選ぶ!2014年度学習机、7万円台のオススメ

7万円台の学習机を一通り見てみたところ、
やはり昨年度と同様、コレといった感じのはないですね。
5万円台が主戦場となっているのか、道具としては必要十分、
6万円台はさらにデザイン性を加味して、
7万円台は5~6万円台のシリーズの上位モデル、
もしくは「人と同じのはイヤ」という層が
主となっている印象です(狙ったというよりは結果的に)。

堀田木工所のCOIN2(コイン2)。カタログ非掲載モデルです。
堀田木工所や杉工場あたりは5~6万円台でもあるので、
8万円近く出すのはやや抵抗もありますが、
アクタスのPIZZI(ピッチ=堀田木工所のOEM)よりは
多少割安感があってかつ合理的
と考えれば悪くないかもしれません。
(プロパーと異なり、カタログ外のためそもそも割高感があります)
ちなみに市場にはCOIN3(コイン3)という非常に似た商品がありますが、
これはボランタリーチェーンのリビンズ系で流通している中国製。
国産である堀田木工所とは関係ないはずですが・・・
堀田木工所は訴えなくて良いんでしょうか?

こちらはメーカー不詳(タイ製)。
日本のメーカーの企画生産ではない可能性を感じます。
脚物、箱物ともに割りと上手に作ってますね。
ウレタン塗装のオーク無垢で、
他のショップの情報なども見る限り、引出も悪くないです。
学習机としては決して合理的な構造ではないものの、
人とちょっと違って、良いものが欲しいという方には、
デザイン的にも価格的にもオススメして良いかなぁとは思います。
(ただし実物は見てませんので保証は致しかねます)

昨年度もオススメとしました、
マルニ木工のFriendy Step2(フレンディステップ2)
リンク先は4点セットで上代表示ですが、
デスク本体+ワゴンの実売価はギリギリ7万円台です。
個人的には天板昇降式もマルニも好きではないですが、
天板奥行が可変できる構造で、リビングに置くのに最適
中国製ながら昨年度よりも品質が良くなって
オーク無垢ということでこの価格ならオススメしても良いと思います。
平均購入価格帯よりちょっと上の7万円台、
もうちょっと、唸るような商品が欲しいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク