ムキーッ!なキッチンの分別式ゴミ箱をチェンジ!!・+(*゜∀゜*)+・

私はセミナーの際などでもよく言っています。

「ゴミは全部キッチンの中で保管しようとすると、
 キッチンが料理するところじゃなくて、
 ゴミ置き場になってしまいます!」
と。

それなのに我が家はまさにその状態でした (;´д`)

キッチンのゴミ箱before

正面に見えている袋の左側は燃えるゴミで、
45リットルのゴミ袋に入っています

この状態はまだマシなほうで、ゴミが多いときは、
中年オヤジの腹のようにボコッと袋が飛び出しているのです (´Д`;)

ちなみにこの後ろ側も同じようにレジ袋ホルダーに
リサイクルゴミが分別されているのですが、
まあとにかく、見た目が悪い!!

現在の住まいに入居した当時はまだゴミの分別方法が複雑ではなく、
また子供もいなかったので、ゴミの種類も量も少なく、
ゴミの保管については大きな問題はありませんでした。

が、ゴミの分別方法が複雑になり、家族が増えると同時に、
燃えるゴミを入れる袋がスーパーのレジ袋から
30リットルサイズのゴミ袋になり、
ついには45リットルサイズになっていったのです。
妻の感覚がマヒしてきてしまったんでしょう。

私が主夫になってから、
この見苦しい状態をすぐにでも何とかしたかったのですが、
妙案が浮かばず、悶々とする日々を過ごしていました。
(とにかくサイズの合うものが見つからなかったのです

当初はできるだけ妻のやり方に合わせて、
引き続き45リットルのゴミ袋を置ける方法を模索しましたが、
やはりそれは物理的に不可能という判断に至り、
結果、下写真のような形にしました。

キッチンのゴミ箱after

スーパーバッグホルダー
という商品を前後に2個並べて使用。
こちらはニトリなら990円で購入することができます。

分別の仕方は次のような感じです。

分別の方法

最初は、前後ともに3分別にしてみたんですが、
我が家の場合は燃えるゴミとプラスチック系ゴミが多いため、
手前を3分別にするとちょっと窮屈だったので、
手前は燃えるゴミとプラスチック系ゴミの2分別、
奥は不燃ゴミ、牛乳パック、缶・ビン、ペットボトルの4分別、
という分別方法に変更しました。

この、スーパーバッグホルダー という商品は、
今回初めて使ってみたんですが、
もう少しガッチリしたものだったら良かった感じはするものの
非常に使い勝手の良い商品です。

パネルの溝にレジ袋を掛ける仕組みになっているので、
前述のようにゴミの量や種類に合わせてバランスを調整できる上、
上の商品写真の場合の左右方向に長さを調節することもできるんですね。
つまり、家具などのすき間に置くのにも適しているわけです。
これはかなりオススメできますね (*^-゚)b

ちなみに、キッチンに置く燃えるゴミを減らした分は、
ベランダに屋外用ペールを設置することでカバーしました。

今までは生ゴミだけをベランダに出して(ちなみに直置き)、
ゴミを出すときにキッチンのゴミ袋に集めていたんですが、
ベランダに置いたペールをゴミの本拠地にして、
そこに生ゴミやキッチンなどから出るゴミを集めるようにしたわけです。

そんなこんなで、ようやくゴミとともに暮らす状態から解放され、
ようやく少し気持ちが落ち着いたのでした (´▽`*)


2013/12/27追記

分かりやすいようにラベルプリンターでラベリングしました。

分別ゴミ箱にラベリング

全部、ひらがな・カタカナで表示しているのは、
5歳の長男でも読めるようにとの妻の要望からです (´ー`)

コメント