『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

2014年度のニトリの学習机は「くみあわせですく」以外もなかなか!

前回は少々、ニトリのことを褒めすぎました。
いや、もちろん2014年度のニトリは本当にすごいんですよ。
ただ、あくまで私の価値観としては、
多機能なデスクよりも基本性能がしっかりとしたもの、
本当に長く、ストレスなく、使えるデスクが良いのです。
もちろん、組み替えデスクがよく売れている事実は理解しています。
一方で、買うときには「あれもこれもできる」と思って買っても、
現実的にはほとんど組み替える余地がないことが多いというのも事実です。
よって、そういう結果として無駄になるところにコストを掛けるよりも、
長く使える耐久性を備えるためにコストを掛けるほうが良いと思うし、
同時に、そのほうが子供が成長したときに子供っぽぎることもなく、
インテリア的にも良いんじゃないかな、と思うのです。
そんなわけで私としてはやはり、
自然とベーシックデスクに目が向くわけですが、
前回は、くみあわせですく特集みたいな感じでしたので、
今回はラインナップ全体を見てみたいと思います。
2013年度のニトリの天板昇降式デスクは
ガタガタで相当ひどかった
んですが、
2014年度は・・・あれ?オカムラのsorano2(ソラノ2)の色違い?

引出内部材は白塗りのファルカタ(洋桐)だし・・・。
同じく、オカムラのsorano pretia
(ソラノ・プリティア)
みたいなのもあるし・・・。
でも、ソラノ・プリティアもどきの引出内部材は白塗りでないファルカタ。
ほかの仕様を見ても、どうもオカムラのものとは違うようです。
まあ、よくできていますが・・・ねえ?(苦笑)
ほか、まだ店頭には並んでいませんでしたし、
ネット上でも取り扱われていないんですが、
アルダー材のスタンダードデスク(メルシー14、商品番号:6530570)。
イトーキのLeamo(リーモ)によく似ていますが、
アルダー材の突板って・・・。
アルダーは広葉樹ですが、広葉樹の中では軟らかいほうです。
無垢で使うんならコストが安いということで
使っているメーカーも多いわけですが、
突板で使うんなら、わざわざこんなのを使わなくても・・・と思いました。
2013年度、メーカー品はイトーキが1モデル、くろがねが1モデルでしたが、
2014年度はそれぞれ2モデルずつに増えました。

2013年度もニトリで取り扱っていましたが、
イトーキのCamomille rustic(カモミールラスティック)というか、
2013年度の、ラスティックでないほうのカモミールのニトリ版ですね。
ラスティックはバーチ無垢、こちらはバーチ突板。
でも値段はニトリのほうが高い(苦笑)
一応、お値段は据え置きなんですけどね~。
一方、くろがねのFLシリーズのニトリ版。

仕様的には上棚の小引出が一つ少ない廉価版って感じもしますが、
価格的にはニトリのほうがちょっと安いです。
やっぱり、2014年度のニトリはなかなかやりますね。
2013年度までとは、ちょっと違います

コメント