片づかないのは、私の努力が足りないの?

陸上選手の為末大さんのツイッター発言が炎上しているようです。

為末大「努力すれば成功する、は間違っている」
 「正論」なのに「炎上」してしまうのはなぜ
 (J-CASTニュース 2013/10/28)

人によって考え方はいろいろあると思いますが、
私はこの考え方に概ね賛成です。

陸上やオリンピックというと私とは無縁なので分かりませんが、
片づけのことでは同じようなことが言えると思います。

私のところに片づけの相談をされる方は、
多くの方が、片づけ・収納に関する本や雑誌を何冊かは読み、
作業のほうもいろいろと自分で努力されたうえで、相談されます。
努力もせずに安易に考えている方はほとんどいないのです。

でも現実に、片づかない

だから、
「努力が足りないんじゃないだろうか?」
「センスがないんじゃないだろうか?」
などと考える方が多いのです。

為末氏の発言を引用すると、
「センスがないから片づけられない」という風に
私が考えていると誤解されるかもしれませんが、
もちろんそうではありません。

「片づける努力の前に、環境などが大事」
というのが大事なポイントだと私は考えているのです。

片づけのことでお宅にお邪魔してお話をうかがうと、
かなり多くの方が「片づけ以前のことですが・・・」と前置きをして、
家族のことや、義父母のこと、本人の普段の生活ぶりのことを、
様々な感情を込めて話してくださいます。

「旦那が通ったあとが分かるくらい、そこにモノが散らかっている。」

「子供が何を考えているのかまったく分からない。」

「義理の母が捨てたはずのゴミを拾ってくる。」

よほど本人に他人をコントロールする能力があれば別ですが、
こんなこと、本人の努力ですぐに何とかなるでしょうか?
(少なくとも、こうなってしまった以上は。)

私が片づけの相談を受けるお宅のすべてがこういう状況なわけではないですよ。
ただ、やっぱりこういった属人的な片づかない原因は多いのです。
しかも、本人自身の問題ではない原因が。

こういう状況だからこそ、片づけのことで私に相談されるのであって、
ひょっとすると、私が見てきているケースというのは、
片づけで困っているレベルでいうとかなり深刻なのであって、
どちらかというとレアケースなのかもしれません。

がしかし、程度の差こそあれ、片づけられるかどうかは、
能力や方法の問題ではなく、もちろん本人の努力不足でもなく、
本人ではコントロールできない外部要因であったり、
性格、価値観、考え方、生き方などの迷いなどによる部分が
とても大きい
と思うのです。

しかしそういうことはほとんどの片づけの本には書かれていません
それこそ、「努力すれば成功する」というような簡単な話ではなく、
複雑すぎて捉えどころがなく、分かりにくい上に、
一般論として明確に答えを導き出せるものではないからでしょう。
つまり、そういった内容を扱うこと自体がタブーなのかもしれません。

ではどうすれば良いのかというと、
まず本人自身でできることと言えば、自分を認めてあげることです。
決して、自分自身を責めないことです。

悪いところも多々あるでしょう。
けれども良いところもいっぱいあるはずです。
ですからそこはあまりネガティブに捉えないことです。

また、それだけではやっぱり不十分だと思います。
一番良いのは、人に相談して、話を聞いてもらい、
一緒に片づけてもらうこと
です。

しかし身内だと、どうしても喧嘩になりがちですので、
やはり第三者に相談するのが一番良いですね。

最近は、日本全国に、フリーの収納のプロがたくさんいます。
⇒ 収納アドバイザー.net

「そんなお金、ない!」と言われると困ってしまうんですが、
関西圏であれば、私どもの場合は、
1時間以内は出張料金のご負担のみでお話をうかがうことができます。
⇒ シーベックス・インテリア

なんだか宣伝みたいになってしまいましたが(笑)、
できない理由はいくらでも挙げられると思いますが、
やろうと思えばできる方法はいくつもあると思います。

別に、片づけで日本一を目指すわけじゃあないと思いますから、
努力はしても、あまり思い悩まないことです。
ストレスはやっぱり、体に一番悪いですからね (・∀<)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク