『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

今日はシステムキッチンの吊戸棚の中の片づけ(*・з・)

システムキッチンの下のほうはだいたい片づけたので、
今日は吊戸棚の中の片づけを始めてみました。

まずは一応、beforeの状態

キッチン吊戸棚before

さすがは我が妻、詰め込み収納上手です。

何かを取ろうとして、密閉容器などが落ちてくることも何度かありました (´Д`;)

とりあえず中身を全部出して、品群別に分けてみます

中身を全部出して品群別に分けてみた

割り箸などが入った袋を開けてみると、
なぜか子供用の歯ブラシが出てきました

箸と一緒に歯ブラシが・・・

収納をする上で、「仲間分け」は重要です。

さて、妻はなぜ割り箸と子供用の歯ブラシを一緒にしたのでしょうか

「は」し – 「は」ぶらし・・・「は」繋がり?
そんなわけはありません(笑)

これはたぶん、ライフスタイルの変化に伴う遺物です。

子供たちがまだ赤ちゃんだったとき、
離乳食を食べたあとで歯磨きをするために、
お食事グッズと一緒に歯ブラシを収納していたんでしょうね。

今になって私が片づけをしていると、
妻のあら捜しをしているように見えてしまうかもしれませんが、
決してそんなつもりはありません。

ひとつひとつのモノがなぜそこにあるのか、
少なくともそこにあるべき理由があったはずなのです。
そういう風にモノを見ていくとなかなか面白いですよね (´▽`*)

今度は、こんなモノが出てきました

なぜかお札の袋が・・・

お札の袋・・・

火の神様(=台所の神様)のお札の袋があるので、
これはきっと、それをここに収納したら、
他のお札の袋もここに収納するようになったんでしょう。

でもいったいなぜ、こんなモノまで取っておいていたんだか・・・? (´Д`;)

そうこうしているうちに、知人から電話が。
ついつい長電話になってしまい、
晩御飯を作らねばならない時間になってしまいました。

あああ~・・・全然、予定通りに終わらない・・・ (´Д`;)

晩御飯を作るためにはいったん、片づけないといけない。
けれどもそれは二度手間になることを意味します。
面倒臭いし、思うようにいかない・・・。
私って、なんでいつもこんなんなんだろう・・・?

こういうことって、ありますよね!?

まあでもこれは、仕方ないですよね。
自分が正しいと思うことをしてこうなっているわけで。
良い面、悪い面を含めて、自分です。
良い面だけを切り出すことはできません。

そんなわけで結局、食事が済んでから続きをやりました

キッチン吊戸棚after

使用頻度の高いモノは当然、下側に
使用頻度の低いモノは上のほうに

ですが、どれも手前の取りやすいところに置きたいと思うのが人の常
そんなわけで、たとえばお弁当グッズ系は、
その中でも使用頻度の高いモノを下側に、
使用頻度の低いモノを上側に置きました。

全体の中で品群に序列を付けるんじゃなくて、
品群それぞれの中で使用頻度の序列を付けたわけ
ですね。

収めたいモノを収めたい場所に収められるように、
まずは棚板の位置を一段下にズラしました

で、塩コショウなどはコンロに近いところに。
ただこれは、もうちょっと収納の仕方を考え直す必要があります。

弁当箱は時々使うから、やっぱり良い位置をキープしたいし、
お茶関係はあんまり飲まないんだけど、
だからと言って上の段に置くと管理しにくいので下側に。

密閉容器はよく使うモノを下に、あんまり使わないモノを上に。

フードプロセッサーやミルサーなどのキッチン家電は、
本当は使いたかったので、出し入れしやすいように配置。

ちなみにたこ焼き器は関西人の必需品ですが、
我が家では年に数回しか使わないのでココでOK。
関西人が皆、主食のようにたこ焼きを食べるわけではないのです(爆)

まだ全然完璧じゃないですが、とりあえずはこんなな感じですかね。

ちなみに歯ブラシなど一部ほかの場所に移動したモノはありますが、
今回も捨てたのはお札の袋くらいです。

「これで片づいた!」と言えるほど私も落ちぶれてませんが、
やっぱり、片づけは捨てるありきではありません

「捨てる」前に、まず「分ける」

そして、「どんなふうに暮らしたいか?」・・・まずそこが大事です。

コメント