2014年度の小島工芸の学習机は大幅にラインアップ削減

小島工芸の2014年度の学習机は、
  
以上、3台。おわり。
随分とラインナップを減らしましたね~~
もっとも、コンポーネントデスク(デスクを含むシステムベッド)の
ラインナップを強化
して、そっちで勝負するようですが。
あとは2013年度までのモデルを併売しているのかと思いきや、
楽天市場で見る限り、大正堂東京インテリアカグー以外は、
取引実態がないのに販売しているお店のようなので、
2013年度までのをそのまま掲載していたりするんでしょうねー。
みなさん、お気を付けくださいよ。
最近は以前よりも安心してネットで物を買えるようになりましたが、
意外と、未だにおかしなこともあるもんなんです。
特に浜本工芸とカリモク家具などの大手国産メーカー品。
金さえ払えば誰にでも卸してくれるわけではありません。

が、バッタ屋のようなショップで販売されていたりする。
当然、そういうお店で買っても商品は送られてきません。
もしくは問い合わせても無駄な時間を使うだけ。
おそらく、メーカー品で釣っておいて、
他の商品をオススメしてくるんでしょう。
ですから基本的に、ブランド家具はリアルな家具店で買いましょう
どうしてもという場合は、会社概要をちゃんと見て、
リアルに「家具店」を営んでいるところで買いましょう
・・・と、話がちょっと逸れてしまいましたが、本題の小島工芸。
目新しいのは、冒頭1番目のkojima90(コジマキュウマル)くらいですかね。
小島工芸が得意とする幅90cmモデルで、
今年から流行するであろうツートンカラー
そして袖ワゴンタイプと、固定袖タイプがあります。
小島工芸、もうちょっと頑張らないとヤバイですよね~。
なんとかならないもんでしょうか?
個人的には、価格帯を上げてでも、
「さすが、国産品!」と唸るような品質の商品を作らないと、
この先ますます厳しいんじゃないかと思うんですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク