片づけられない人は、 捨てられない人!?

Yahoo!知恵袋を見ていたら、
「片づけられない人は、 捨てられない人ですか?」
という質問がありました。

本当は知恵袋のほうに回答を書けば良いんでしょうが、
なにぶん、質問したことも回答したこともないので使い方が分からず、
ここにちょっと私なりの考えを書いてみたいと思います。

拙書『捨てずに片づく9ステップ』でも書いていますが、
片づけで困っている人で、
まずモノを捨てないことには片づかないという状況の人は
それほど多くはありません

「片づけの本を読んで片っ端から捨てたけど、
 片づいたように見えない。」

という方も結構いらっしゃいます。
(私の実感としては、全体の1~2割くらい

また逆に、もちろん捨てられない片づけられない人もいます。
程度の差はそれぞれまったく違いますし、
たとえば私なんかでも要らないと思っていても
持ったままになってしまっているモノもありますので、
その程度まで含めるとかなりの割合になってしまいますが、
あくまでモノが多すぎるというレベルで言えば、
捨てられないことが片づかない主な原因になっているお宅は
せいぜい2~3割くらい
だと思います。

つまり、まず「捨てる」ありきの片づけが必要な人は、
それほど多くなく、それ以外が原因で片づかないだけなのです

私は片づけを通していろんな方を見てきましたが、
片づけられない人=捨てられない人という認識はまったくないですね。

一方で「片づけられない人ってどういう人?」と聞かれたら、
それは基本的には千差万別ですと前置きしたうえで、
「一番多いのは、結局どうしたいのかがよく分かっていない人。
 次に多いのが、自分で決められない人。」
と答えます。

だからその人の話をよーく聞くんです。
答えは必ずその人の中にあります
私があーしろ、こーしろと決める話じゃないんです。

こちらが聞いて、それに答えてもらっているうちに、
自然と自問自答の形になって、自分で気付いていくんです。

「あー、そうか。結局わたしはこうしたいんだ・・・。」
って具合に。

だから片づけはまず頭の中から
ゴミ袋片手に捨てることから始めるなんて、以ての外です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク