堀田木工所(hotta woody)は2014年度新作学習机で「スキップ」なるか!?

本当は順番的には浜本工芸かイトーキあたりを
ピックアップしたいところなんですが、ともにまだ調査中のため、
順不同で堀田木工所からいきたいと思います。
2014年度の堀田木工所の学習机は、私個人の印象で言いますと、
「なんだか杉工場っぽくなってきたな~という感じです。
杉工場も基本的にアルダー材を使った学習机を作っているので、
杉工場のほうが後発ながら、似ているのは当然なんですが、
特に2014年度は杉工場がいい感じのデザインになってきているので、
堀田木工所には「先輩の意地」を見せてもらいたいところです。
さて、そんな堀田木工所の2014年度のイチオシは、SKIP(スキップ)

杉工場っぽい、軽めのデザイン。
そして、ゲートデスクで培ったサイズオーダー対応。
(幅90~120cmまでで、1cm単位でオーダー可能)
簡素なデザインですが、
「リビングに学習机を置きたい」という層から
高い支持を得られそうな感じ
です。
お次、DUCK(ダック)

昨年度のカタログが手元になくて、正確じゃないんですが、
堀田木工所のスタンダードであるダックが、
組み合わせデスクのラインナップを持ったようです。
ちなみに堀田木工所の学習机は、
引出にレールがなかったり、金属のレールがついていたり、
仕様がマチマチなところがあるんですが、
カタログ外商品であるMOON(ムーン←すいません、写真がありません
本体引出がフルスライドレール仕様となっています。
組み合わせデスクを採用したり、フルスライドレールを使ったり、
毎年ほとんど変わらない印象の堀田木工所にしては、
2014年度はちょっと変化が起こった感じもしますね。
ただまあ、作りは決して雑というわけではないんですが、
旧・スチールメーカー系や杉工場に負けないように、
「さすがは家具メーカー!」と唸るような作りを
2015年度は期待したいと思います。
ちなみに、2014年度も、カタログ外のオーク無垢・
VERDAD(ベルダッド)は継続のようです。
ベルダッドにはアルダー材のバージョンもあるのでご注意ください。

↑オーク材モデル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. しば より:

    初めまして。
    平机を探しています。
    角張ったデザインのリーモに惹かれたのですが、
    赤っぽい色味が黄味がかった薄い色のフローリングにあうのか気になって他も見ています。
    ビーノ、ケユカ、ベルダットのオーク…辺りを含めて検討しているのですが、なかなか決まりません。見た目はケユカが好きなのですが、引き出しが気にかかります。ベルダットは実物がわからないし、ビーノはやや地味に感じられます。
    もし良かったらご意見をお聞かせください。

  2. 収納マン より:

    しばさま
    はじめまして^^
    フローリングと学習机の色の違い・・・確かに気になるところですが、あまり気になさることもないように思います。
    逆にフローリングと学習机の色が同じだったら・・・完全に同質化してしまって、インテリア的にはペターンとした感じになってしまいますよ。
    それよりも他の家具との調和や、木目のほうを気にされた方が良いように思いますが、いかがでしょうか?
    まだ2014年度版のケユカは私は見ていないので何とも言えませんが、ビーノ、ケユカ、ベルダッドはすべてオーク材ですよね?対してリーモはアルダー材。
    オーク材は木目がありますが、アルダー材はほとんど木目がないというか薄いですよね。
    フローリングがオーク材であればオーク材の学習机は多少色が違っても映えると思いますが、最近主流の木目の少ないフローリングだとオーク系は若干浮いて見えることもあるかもしれませんね。
    実際のところはフローリングの感じ、部屋全体の感じを見ないと分かりませんが、ただまあ学習机は飾り物ではないので、使い勝手などを優先にインテリア的にはベターな選択をしてもらったら良いと思います。

  3. しば より:

    収納マン様
    素早い回答をありがとうございます。
    なるほど、床がオークではない我が家では、逆にアルダー材の方が映えるかもしれないのですね。
    参考になります。ありがとうございます。
    我が家は双方の実家から持ってきた家具の寄せ集めなので、子供部屋こそは!と意気込んでいました。
    シンプルで、大学生まで使える机、あわよくば結婚してからも持って行きたくなるような机を探していますが、カリモクや浜北は予算超で…
    これからも記事を期待しています。

  4. 収納マン より:

    しばさま
    色味よりも意外と木目の違いって気になったりするもんなんですよね。
    ただ、これは実際に状況を見たわけではないので、何とも言えないですよ^^;そういうケースもあるという程度に、参考にしていただければ幸いです。
    一昔前までは一通りオークやナラで揃えれば無難でしたけど、最近は木目の少ないのが主流ですからね。
    その点で言えば、アルダー材を選んでおいた方が他の家具も選びやすいかもしれません。
    もっとも、アルダー材の箱物家具って食器棚くらいですし、住宅の建具はまだまだオーク系の木目が主流ですが・・・。
    こればっかりはお住まいの状況にもよりますし、お子さんの好みにもよりますし、今後の流行がどのように変遷していくかにもよりますからね~。
    難しいところです^^;