『捨てずに片づく9ステップ』のおさらい【2】作業のポイント

本を書いているときや校正をチェックしているときって、
頭の中がいっぱいいっぱいになっているので、
きっと読んでくれた人は、
「何言ってんのか、わかんねーよ」
って感じなんだろうと思ったりするんですね。

そんなわけで今回は重要なところだけ
ピックアップしてみようと思ったんですが、
1年以上経って改めて自分で読んでみると、
今回は特に元の原稿から半分近くに圧縮されていることもあって、
見事に全部が重要なところだということに
今さらながら気付いて、
自分で驚いてしまっている次第です

ですので、まだ読んだことがないという方には
是非一度通しで読んでもらえたらと思うのですが、
今回は既に読まれた方も
今一度実践に向かってもらいやすいように、
きっかけになりそうなところだけピックアップしたいと思います。

片づけはまずキッチンから!

旦那が、子供が、時間が・・・という前に、まずはキッチンから片づけ。
普段料理をしない人は自分のデスクやクローゼットでもOK。
とにかく基本的に自分だけで管理している場所から片づけるのが鉄則です。

死蔵スペースから片づけよう!

見えているところから片づけると、リバウンドしやすいです。
奥から順番に片づけると、
見えているところがオーバーフローしにくくなります。

片づけは5分でもできる!

片づけで一番時間がかかるのはモノを分ける作業です。
頭を使う必要はないのですが、
最初に「考える」という作業をやってない人は
ここで一生懸命考えて、疲れて、イヤになります。

ステップ1~4の段階でしっかりと考えておけば
「分ける」作業の目的もしっかり理解できているため、
「分ける」作業で疲れることなくスイスイ進みます。

引出一杯で5分押入半間の下半分で30分という具合に、
何の苦もなく、むしろ楽しく片づけることができます。

「片づけが苦手」という人も全部が全部間違っているわけじゃありません。
ほんのちょっと、軌道修正すれば良いだけのことがほとんどです。

ですから、『捨てずに片づく9ステップ』に書かれていることは、
新鮮味がなく、つまらないかもしれません。

しかし、楽して儲けることができないように、
また良い面があれば必ず悪い面があるように、
地味ですが、書いてあることを素直に実践してもらえば、
片づけはかなり前進させることができるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク