『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

引出の仕切り方(7)滑り止めネット&100均プラ箱で誰でも仕切り名人!

ここまでのところで、システムキッチンのコンロ下やシンク下の引出、
それと整理タンスや引出式衣装ケースについては
問題なく仕切れることでしょう。

残り、システムキッチンの浅い引出や、食器棚の引出、
あと、デスクの引出などは基本的にこれから説明する方法でOKです。

使うのは滑り止めネット
100均のプラ箱
滑り止めネットももちろん100均でゲットできます。


 

まず、引出式の食器棚の引出に食器を重ねて入れる場合。
この場合は滑り止めネットだけを敷けばOK
仕切り板を使わなくても食器が引出の中で動きません

次に、キッチンツールやカトラリー、
事務用品、その他小物を収納する場合には、
基本的には収めたいモノの大きさやレイアウトに合った
100均のプラ箱を探してきて、
それを引出の底に敷いた滑り止めネットの上に乗せます

そうすると、引出全体にプラ箱を敷き詰めなくても、
プラ箱の側面が仕切り板として自立安定し、
またスペースを無駄なく活用することができます。

ちなみに、ちょうど良い寸法のプラ箱が見つからないときは、
以前は側面も底面もメッシュ状のプラカゴを買ってきて、
任意の位置でニッパーで切断し、
結束バンドで繋げるということもよくやったのですが、
この方法だと確かにベストな寸法の仕切りを用意できる反面で、
たとえば菜箸の先がメッシュの穴に刺さってしまったりして、
やや使いにくいことがあるので、最近はあまりやりません。

最近は前述の写真のものを使うことが多いんですが、
それでもプラ箱に付いている仕切りを使うことは
ほとんどないですね。
特にキッチンではキッチンツールやカトラリーって
意外と大きいんで、付属の仕切り板が必要ないんです。

だからやっぱり、もっとも理想的な寸法のプラ箱を
見つけてくることが基本的に大事です

以上、思いのほか長くなってしまいましたが、
100均の滑り止めネットとプラ箱を使えば、
ほとんどの引出は簡単に仕切れちゃいます!

是非ご活用ください!

コメント