『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

引出の仕切り方(3)仕切り屋になるためには妥協は許されないのだ

引出の仕切り方の鉄則、その2。

『寸法はキッチリ測るべし!』

これは引出を仕切るときに限った話ではないのですが、
やはり内寸をキッチリと測ることは必須です。

他の場所の場合は収納スペースを無駄なく活用するために必須ですが、
引出を仕切るときにはそれだけでなく、
仕切りをしっかりと安定させるために必要なのです。

調味料ボトルなどを入れる場合、
どうしても汚れが付きやすくなります。
ですのであまり良いものは必要ありません。
100円均一で十分じゃないかと思います。

しかし100円均一だからといって寸法に妥協は無用です。
事前にちゃんと寸法を測っておいて
何をどのように配置するかを決めたうえで
もっともベターな寸法のものを探すようにしましょう。

税抜き100円でも、2~3店舗ハシゴするくらいの覚悟で、
頑張って探しましょう。

ちなみに上写真のものは底も側面もメッシュですが、
調味料ボトルを入れる場合は底面がフラットなものが良いです。
(調味料が漏れた場合に、下に抜けないように。)

また、これは非常に難しいのですが、
できるだけ側面が垂直に立っており、
また取っ手などが付いていないものがベターです。

コメント