『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

算数で理解する収納(1) ~ストックの場所代

先日、普段使っているヘアワックスの在庫を切らせてしまいました。

リンク先では税込1,753円となっていますが、
別のところで税込1,653円で購入しました。
税込5,250円以上で送料無料となるということで、
まとめて4個購入しました。

1個あれば3ヶ月は持つので、4個も必要ありません。
アマゾンなら1個から税込・送料込みで1,930円で購入できるのですが、

言うまでもなく割高になるので、まとめて4個買うことにしました。

はたして、私の選択は正しかったのでしょうか?
検証してみたいと思います。

収納マンの自宅は賃貸の3DKで床面積は約70平米、
家賃は管理費と合わせて64,000円です。

天井までの高さは2400mmですから、体積は168立米となります。

一方でヘアワックス1個の体積は0.0003立米です。

以上を踏まえましてヘアワックス1個当たりの場所代(x)を計算すると、

x:0.0003=64000:168
x=0.11

つまり、ヘアワックス1個のひと月分の場所代は0.11円となります。

ヘアワックス1つで3ヶ月使えると考えると
ストックが0個の状態になるのは9ヶ月後のこととなりますので、
9ヶ月後までのこれらの場所代は以下の計算式で求められます。
(1~3ヶ月目はストック3個、4~6ヶ月目は2個、7~9ヶ月目は1個)

0.11円×(3×3+3×2+3×1)=1.98円

アマゾンで1個だけ1,930円で買うよりも
ほかで1個1,653円で買う場合は1個当たり277円安く、
場所代を考えてもかなり安く買えたと言うことができます。

しかし、この計算では、前提として家全体を
ストック品で埋め尽くしてしまうことも可能となってしまいます。
それは現実的とは言えません。
そこで収納スペースに限って計算し直したいと思います。

私の家の場合、
押入などの造り付けの収納スペースは床面積全体のの10%もないですが、
他に収納家具を置いているので、理想的な収納スペースの量は、
床面積約70平米の20%=14平米、体積にして33.6立米と考えられます。

普段は家の床面積の20%相当が理想的な収納スペースであり、
残りが脚物家具を置いたり生活をする場と考えるのですが、
言い方を変えれば8割の生活の場を確保するには
2割の収納スペースが必要だと言えると思います。

その前提でヘアワックス1個のストックの場所代(y)を計算し直すと、

y:0.003=64000:33.6
y=0.57

計算するまでもなく当たり前のことですが、
ヘアワックス1個あたりのひと月の場所代は5倍の0.57円となります。

そして9ヶ月後にストックが0個になるまでの場所代は10.26円となり、
やはりストックしたほうがお得であると言えるかと思います。

4個の総合計で言えば価格差は277円×4個=1,108円となり、
場所代など取るに足らない金額と言えます。

では本当にストックしたほうがお得なんでしょうか?

今回はヘアワックスという比較的小さなモノの割りに
日用品としては単価が割りと高めのもので計算しましたが、
トイレットペーパーやボックスティッシュの場合は
特価でも絶対的な価格差が小さいうえに
商品自体の体積も大きい割りに単価が小さいので、
ストックする意義がかなり薄くなると考えられます。

ちょっと、計算してみましょう。

ティッシュボックス(160組320枚)1箱の体積は0.0015立米です。
5箱パックでは0.0075立米となります。

価格はかなり特価で5箱パック=198円、
まあ普通か、ちょっと安いくらいで258円くらいでしょうか。
その場合、両者の価格差は約60円くらいとなります。

それではヘアワックスの場合と同様に場所代(z)を計算してみましょう。
5箱パックで、先ほどの後のほうの計算方法で算出します。

z:0.0075=64000:33.6
z=14.3

なんと!!
ティッシュボックス5パックのひと月の場所代は14.3円となりました。

1ヶ月に1箱消費するとして、また現在使用中のものがもともと1箱あると、
在庫が0箱になるのは5ヶ月後のこととなりますので、
その間の場所代は以下の計算式で求められます。

14.3×(1+4/5+3/5+2/5+1/5)=42.9円

なんということでしょう!?

特価と通常価格の価格差60円に対し、
場所代は42.9円も掛かってしまうのです!
これではストックする意味がほとんどありません!

もちろん、ティッシュボックス5箱1パックくらいは
在庫として持っていても良いでしょう。
(というよりは、持つなというほうが無理)

しかし、2パック、3パックと在庫を持ってしまうと、
当然、保管期間が長くなってしまいますので、
特価との価格差を上回る場所代が掛かってしまいます。

常時ストックが5箱3パックある場合などは、
1パック目の場所代が先ほどの42.9円、
2パック目と3パック目はそれぞれ丸々5箱残りますので
14.3円×2パック×5ヶ月=143円となり、
3パックの5ヶ月分の場所代は
42.9円+143円=185.9円にもなるのです!

これはつまり、特価のティッシュボックスが
1パック買えてしまうくらいの場所代です!

おまけに、管理に手間が掛かりますし、
場合によっては収納グッズ代も必要になるかもしれません。
もちろん、買いに行く手間は助かるかもしれませんが、
5ヶ月に1度のことと考えればそれほど大きな問題とは考えられません。

ちなみに私の家は家賃が安いほうなので
(都心部で言えばワンルームも借りられないような家賃・笑)、
普通なら場所代が倍くらい掛かってもおかしくないでしょう。

以上の検証を踏まえた結果、一言で言うと、

かさが高くて単価の安い日用品は
ストックするメリットがない

・・・と、断言して問題なさそうです。

コメント