頭で分かっていてもできないことってありますよね?

「片づけ方が分からない」、「どうしたら良いのか分からない」、
などとおっしゃる方は多いのですが、
私がお部屋の状況を見せていただくと
まったく分かっていないような人というのは非常に少なくて、
むしろ多いのは「分かっているのにできない」という状況に
苦しくなってしまっている人です。

片づけは絶対に、やらないよりはやったほうが良いわけです。
できないよりはできたほうが良いわけです。
しかし他にもっと大事なこともたくさんあったりします。
どうしても苦手意識があったりもします。

わたくし収納マンの場合は、片づけは好きなほうですし、
もちろん苦手意識もないのですが、
帳簿をつけることはキッチリやったほうが良いに決まっているのに
結局いつも確定申告の時期に慌ててやってますし、
未だに苦手意識というのがなくなっていません(苦笑)

帳簿についてはこれからもっと努力していかないといけないのですが、
もうひとつ、「やったほうが良いのは分かっているのにできない」ことが
ず~っと頭の中にありました。

それは・・・「運動」です。

今でこそ「収納」を軸にインドア中心の生活をしていますが、
小学生の頃からボーイスカウトをやっていて、
高校生のときはラグビー、
学生時代は登山系のクラブに入っていて、
単車に乗って日本ほぼ一周してみたりと、
もともとは完全にアウトドア派。

家具メーカーに入ってからは毎日重い家具を担ぎ、
体を壊すくらい体を動かす機会も多かったのですが、
最近ではお客様宅内での軽作業程度で、
あまり運動をする機会がなくなってしまっていたのです。

「これではいけない!」ということで
今年の目標に「毎日、筋トレする!」などと書いていましたが、
お恥ずかしながら今日に至るまで一度もすることなく・・・

また、私の師匠(収納とは全く関係なく、人生の師匠)からも
スポンジテニスのお誘いをしつこく(失礼!)いただいておりましたが、
「そのうちに・・・」と思いながら行動に移せずにおりました

そんなわけで、今年は単車でも買って、そしたら外に行く機会もできて、
運動する機会も増えるかな~などと思っていたところに、
前述の私の師匠が電チャリにハマり出して、
一度それに乗せてもらったら、
私もすぐに「欲しい!」となったのです!

今になって分かったことですけれども、
結局私がなぜ筋トレをしなかったかというと、
それをやったところで活かす場がないんですよね。

もし何かのスポーツをしていたら、
筋トレをする意義もあったんでしょうが、
そういうのがないから「やったほうが良い」という
意識ではできなかったわけです。

また、何かスポーツをやったほうが良いと思っていても、
仕事の時間との兼ね合いもあるので、
自分の時間の余裕のあるときに、
自分のペースでやれることが私にとっては重要で、
ましてやチームプレイが前提のスポーツは
今の私のニーズには合っていなかったんですね。

その点、自転車なら自分のペースで好きな時に乗れますし、
ジョギングのように頑張る必要もないし、
快適に走れる場所を探すのも比較的容易。
私にとっては、合っていたんですね。

また、私の地元は坂が多いので普通の自転車では
行けるところが限られるんですが、
電チャリなら必死こいてこぐ必要もないわけです。

まあ、電チャリを買ったところで、
これから健康にどれだけ活かせるかは未知数ですが、
今までと違って一歩を踏み出せたことは大きかったと思います。

皆さんも電チャリ、どうですか?・・・ではなくて(笑)、
片づける動機、何か見つけてみると良いかもしれませんよ

P.S. せっかく買った電チャリを続けられるように
   日記を書くことにしました
   よろしければまたご覧ください

   ⇒「走れ!収納マン」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク