7インチAndroidタブレット(Nexus7)+CamiApp手帳に変えてみた(4)手帳アプリRefills

Nexus7で使う手帳アプリを選ぶにあたっては、
まずgoogleカレンダーと同期できることを第一条件にしました。
今回はAndroidとiOSという異なるOSの端末を併用するので
iPhoneの標準カレンダーが使えないということがありましたが、
そもそもApple一社に依存することをリスクと考えたためでもありました。
もちろんgoogleも一企業に過ぎないわけですが、
iPhoneやiPadの場合はハードもソフトもセットでApple一社ですので、
それよりはソフトはgoogleに頼ってハードはどこでも良いという形にしたほうが
リスクヘッジができると考えたためです。
また、googleカレンダーはカレンダーアプリとしてもっとも普及しており、
しかもタスク機能が付いているので、
これと同期できる手帳アプリが最適と考えたわけです。
第2の要件としては、iPhoneでもNexus7でも使えるということ。
この時点でiPad mini でもKindle Fire HD 16GB でもなく、
Nexus7に決まっていましたし、
どちらのOSでも販売されているようなアプリのほうが
信頼できるかなと思ったわけです。
結果、候補に挙がったのはRefillsジョルテの2つ。
いずれもタスク管理機能はあるんですが、
有料でもRefillsのほうが秀逸でした。
(ちなみにRefillsにも無料版がありますが、タスクの同期ができないなど、
 私にとっては肝心の機能に一部制限があります。)
ただ、実際に使ってみて分かったのは、
iPhone版Refillsには大変満足しているんですが、
Android版は例えばアイコンに表示されるタスク数の設定が
iPhone版と異なり劣っているなど、個人的には不満が多いです。
ジョルテよりは基本的にはよくできていると思いますが、
980円を出す価値があったかというと疑問があります。
Androidタブレットではウィジェットが使えるというのがメリットの一つですが、
Refills for Androidのウィジェットは
ジョルテのそれよりもレパートリーが少なく、
私はジョルテのウィジェットの横にRefillsのアイコンを置いています
ジョルテのウィジェットの横にRefillsのアイコンが・・・
Refillsのタスク管理の秀逸さをご披露しようかと思いましたが、
そもそも「タスク管理ってなんなの!?」という人もいらっしゃると思うので、
ここでは説明は省こうと思います。
(「タスク管理とは?」という定義から説明しだすと、
 その有用性、googleカレンダーとRefillsそれぞれの機能、
 同期の仕方など説明しないといけなくなりますから、また別の機会に。
 ただ、googleカレンダーや手帳アプリを使わなくとも
 タスクを使うことは絶対にオススメします!
 時間がないという人には必須です!
 スケジュール帳をやめて、第3世代手帳、第4世代手帳に移行しましょう!)
最後に余談ですが、私はiPhone3Gの頃からのユーザーで、
iPhoneはもちろん大好きなんですけれども、
Android端末はそれはそれでまた違った良さがあります。
上写真のようにカレンダーやYahoo天気、EverNoteのウィジェットを
ホーム画面に表示させていますが、これはなかなか便利です。
操作せずとも必要な情報が見れたり、ワンアクションで作業に入れます。
また音声入力機能は大変素晴らしいですね。
自宅では10インチのAndroidタブレット を使っていますけど、
まだひらがなの読めない4歳の息子が
YouTubeで見たい動画を検索して見たりしています
ホーム画面上部に音声検索アイコンがありますので、
ネットでもアプリでも音声ですぐにアクセスできるのです。
ちなみに私のiPhoneは4なのでSiriはまだ使ったことがありませんが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク